空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

スティルス氏は面白そう。そして...

 昨夜は、ふとしたことからYou Tubeにてスティーヴン・スティルス(CS&N、CSN&Yで知られる、幅広い音楽性とマルチな才能を持つミュージシャン)関連の動画を観まくっていました。

 CS&N,CSN&Y以外のスティルス氏の活動については、未だなかなか手が回らない状態ではありますが、いろいろと掘り下げて聴いてみたいロック・ミュージシャンであることを改めて確信しましたね。

 最後の動画にいたっては、ルーサー・ヴァンドロスというR&B/ソウル・シンガーへの関心も膨れ上がる始末でしたわ。素晴らしい歌手です!そういえば彼も、興味はあるものの未だ音盤を手にしたことが無いままのシンガーのひとりなんですよね。

 手を出していない理由はかなりはっきりしていて、彼の絶頂期の1980年代、彼がカテゴライズされていた"ブラック・コンテンポラリー"というジャンル(?)のオケの音への苦手意識が未だ克服できてるとは言い難いから。シンセサイザーを中心とした分厚くて大仰なサウンドとか、打ち込みのリズムとか、そして私にはなんとも心地よくない、濁りも毒も刺激も無い都会的な「洗練」ってやつとか。だから、例えば大好きなアレサ・フランクリンなども、ブラックコンテンポラリーの波をかぶったかのような80年代の作品って敬遠しちゃってるんですよね。