空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

やっぱり元気なのです

 今年の夏にYou Tubeで【坂崎幸之助吉田拓郎オールナイトニッポン】(ニッポン放送)のアーカイヴ音源を聴くことにハマったことをきっかけに自分の中で始まり、今でも続いている吉田拓郎さんのマイ・ブーム。とりあえずは拓郎さんの2枚組のアンソロジーCDを購入するところからはじまって、ぼちぼちオリジナルアルバムも...となった時、まずはこれ!と思っていたのが初期代表作である『元気です。』

 タイミングの問題か、こちらの懐具合の問題か、とにかくなかなか購入に至らなかったけど、昨日久々にイオンモール広島府中店に出向いた時に寄ったそこのCDショップであるフタバ図書TERAのCD売り場で見つけてようやく購入。何年ぶりかでこの名作が我が手元に戻ってきました。紙ジャケで買い直したい気持ちもあったけど、いいタイミングで出会えたからこのプラケース入りでもまあ良しです。

 f:id:soranaka004:20141230105822j:plain

 やっぱり「春だったね」はこのアルバムの1曲目として聴くと、その味は格別ですね。オルガンが鳴らすカラフルなリフが印象的で、拓郎さんお得意の字余り歌唱が炸裂するロック・ナンバーが、本作がバラエティに富んだ快作であることを告げてくれているようです。

 この時代のシンガーソングライターにとっての主要テーマだったのか、「偽善」とか「薄っぺらな人間関係への嫌悪」を軽快に歌い上げている「親切」、これもオルガンが印象的に響いてきます。その他、作者である拓郎さんver.の「たどり着いたらいつも雨降り」、個人的に大好きな「加川良への手紙」、今でも愛されている初期代表曲「夏休み」「旅の宿」... "日本のフォークの金字塔"などという大仰な冠など不要。これは素敵なポップ/ロック・アルバムなのであります。買い直すのはこれが3度目?今度こそ大事にします!(笑)

 

元気です。

元気です。