空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

今夜の実にどうでもいい話

 久しぶりにジョニ・ミッチェルの1970年代初頭の名作アルバム『ブルー』を聴いていたのだけれど、聴きながらふと思い出したことがありました。ホントにどうってことない、あまりにしょうもない話。

 恐らく、今年の4月のことだったと思います。Twitterの私のタイムラインに、リツイートされてある女性タレントの方のツイートが現れました。たしか、大好きなお友達と、お互いにジョニの『ブルー』が好きだったとわかって、今日はその話をした...的な内容のツイートだったような記憶があります。

 その女性タレントさんの事は、名前は聞いたことあるかな?って程度くらいだったと思います。とにかく普段は関心を持って観てはいない方だったので、半年は経った今となっては、その方の名前が頭に浮かんできません。なにかのきっかけがあれば思い出せはするでしょうけど、それはどこからも望むべくもないこと。ただ、4月のある日の私のタイムラインにリツイートされて載ったその女性のツイートが、その日のその時間帯の私のタイムラインの中で、鮮烈な輝きを放っていたように見えた記憶が残っているだけ。

 こうなると宝探し感覚です。(笑)まずTwitter内で「ジョニ・ミッチェル」「ブルー(もしくはBLUE)」で検索をかけました。が、それらしき女性のツイートは見つからず。恐らくリツイートもしくはお気に入り登録くらいはしているだろうと、Twitterで直に私の過去ツイートやお気に入りを探してみましたが、さすがに半年前なので探索はさすがに困難。その間に膨大なツイート&リツイートをしていますからね。

 で、こういう時には!と、数年来利用し続けている、ツイート&リツイートをすべて保存してくれるWEBサーヴィス「Twilog(ついろぐ)」で、今年の3月~5月までのツイート&リツイートログを漁ってみたところ、おかしな事実に直面しました。4月の終わりに「@」を使わない所謂「空リプ」という形で、その女性のジョニ・ミッチェルの『ブルー』に関するツイートに対して返信(リプライ)していると思しき私のツイートは見つかったのですが、肝心のその女性のツイートがTwilogの中にないのです。私はリツイートもしてないツイートに「空リプ」とはいえリプライを返したりはまずしません(確信持てます)。考えられるのは、彼女がその後そのツイートをなんらかの理由があって消してしまったか、あるいはTwitterのアカウントそのものを消してしまったかですが、仮にそうした場合でもTwilogには、ツイートが存在した痕跡は残るものなんですけどねぇ...はて、どこへ消えてしまったのでしょう?

 ふと思い出した特に感心もなく名前も思い出せない女性タレントさんの半年前のたったひとつのツイートを探索するなどという、実にしょうもない、今夜の私の行為は、そこで打つ手はもう無しってことで終了しました。バックに流れていた『ブルー』もとっくに終わっていて、後には猛烈な空しさが残っただけでした。(笑)