空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

「マッサン」第2週 感想ツイート集

 台風関連のニュース放送のため、いきなり週のはじまりである月曜の放送が観られなかった(翌日に2日分放送)という、私の乏しい朝ドラ視聴歴では初めての出来事が象徴しているように、なかなかに波乱の第2週であった、今週の連続テレビ小説「マッサン」(NHK総合)の感想ツイート集です。

 ドラマの舞台は政春の実家の造り酒屋がある広島県竹原市から、奉公先である大阪は住吉の「住吉酒造」へ。「まさはるさん」は、(エリー)には発音しにくいという理由で、今週から政春はエリーから「マッサン」と呼ばれるようになります。

 住吉酒造の社長宅に間借のような形で暮らすことになった政春&エリー。ここにとんでもない曲者がいました。社長の一人娘で、スコットランド留学から帰国した政春と結婚するものとばかり周囲から(本人も!)思われていた、住吉酒造社長の一人娘・優子さんです。政春の留学中の2年間、彼と結婚するための準備を整えていた彼女にとって、寝耳に水のエリーの出現。優子はエリーに単なる敵視とは違う複雑な感情を抱くようになります。

 個人的には、この優子さんとエリーの絡みや二人の感情の機微がこれからの注目ポイントになりました。

 そして、もうひとつの注目項目が。ひょっとしたらこのドラマ前半の最重要人物かもしれない人物!国産ウイスキー作りの夢を抱く政春の前に颯爽と登場した、住吉酒造の得意先である、船場の「鴨居商店」の大将・鴨居欣次郎!!大変魅力的な人物です。

 

 第2週 10月6日~11日 「災い転じて福となす」あらすじ(公式サイト)