空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

コーヒーブルースが静かに響く部屋で

 昼間、久々に肉体労働だったので、肩と腰の辺りに今も疲れが残っていて、それを癒すためにも、早く寝たほうがいいのでしょうけど、夜更かし癖だけは、どんな状況にあっても、日付が変わる時間が近づくと頭をもたげてきますな。(笑)

 昨日の連続テレビ小説花子とアン」(NHK総合)。いよいよ"赤毛のアン"を出版するという段になって、こともあろうにその出版社の社長という重要な役どころが茂木健一郎博士だったということで、某巨大掲示板Twitterが大変な騒動になったようですね。その騒動の跡をTwitterのタイムラインで追っている内に、日付が変わってしまってました。(笑)

 

 この間ブック・オフで購入した高田渡の『ファースト・アルバム ごあいさつ』が、静かな秋の夜にやたら映えるので、購入以来ほぼ毎日聴いております。

 飄々とした温かみのある渡さんの歌声は、三遊亭圓生師匠や桂米朝師匠といった昭和の大名人達の落語と同様に、布団に潜ってじっと耳を傾けてるのが、私にとっては一番しっくりくる聴き方のような気がします。(笑)今はパソコンのキーを打ちながら書いていますけど、すぐ後ろにあるベッドに誘われているような感覚に襲われてますしね。