空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

夢の中へと...

 f:id:soranaka004:20140829015745j:plain

 地元のショッピングセンターの中にあるCDやDVDのリサイクルショップで、1999年に発売された井上陽水の2枚組ベストアルバム『GOLDEN BEST/YOSUI INOUE』が1268円で売られていたのを見つけたので購入しました。盤の状態は問題なし。プラケースが入っている三方背の箱は経年は感じられるけれど概ね問題なし。だけど、タスキなし、プラケースの内側の番の部分が割れてしまってるということでこの安さらしいです。私としては、プラケースの問題は、CDソフトケースに入れ替えれば解決なので、問題はないも同然でした。

 ここ最近の私の中での吉田拓郎ブームの副産物のようなものでしょうか。1970年代から現代にいたるまで、当人達が望む望まないにかかわらず好敵手的な位置にいる、井上陽水さんへの興味も膨らみ始めていたので、この出会い方はタイムリーでしたね。

 これだけの人ですから、昔から歌を聴く機会だけはたくさんありました。気に入った曲は幾つかあったけれど、基本的に彼のヴォーカルスタイルは苦手で、作り出す曲の中には受け付けないタイプの曲がある...というのが、私の中の長年の井上陽水像。だから、実は陽水さんの音盤に手を出したのはこれがはじめて。音盤を手元において聴き込む時間を作ることによって、私の中に井上陽水という人がどんな存在になっていくのか?今、ちょっとだけワクワクしてもいます。(笑)