空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

「花子とアン」第19週感想ツイート集

  NHK総合の朝ドラ、連続テレビ小説花子とアン」の感想ツイート集。今週もやっちゃいます。ドラマ放送開始第1週からずっとやり続けているから、余程のことがあって視聴不可能になってしまわない限り、このまま最終週までやってしまうつもりです。

 お気に入りキャラの一人だった、小説家の宇田川満代大先生が、あの震災の最中に運命の人と出会い、そのまま結婚。新生活のため作家業は中断だとか。あくまで花子とは対照的な存在として、文学一筋に著述業に邁進するキャラだったから、これでドラマにおける彼女の役割は終了か?ちょっと淋しい...

 今週がドラマ登場最終週だったらしい筑豊の石炭王・嘉納伝助さんは、考えうる中で最もきれいな蓮様との決着のつけ方。おまけに印刷会社(兼出版社)再建を目指す村岡家にどでかい置き土産を!最後まで豪気で魅力的な人物でした。

 晴れて(?)宮本家の奥さんとして生きていくこととなった蓮様は、お姑さんに鍛えられながら主婦業、母親業を邁進中。ようやく花子とWヒロインと言っても過言ではない役回りから開放され、穏やかなで幸せそうな表情をたくさん見せてくれるようになりました。

 かよちゃんは、震災でカフェ・ドミンゴが無くなってしまった後、食堂勤め、屋台の雇われ女将を経て、小さいながらもカフェの女主人になり、花子と英治の村岡夫妻も、醍醐さんをはじめとする花子の女学校時代のクラスメートや先の嘉納伝助さんからの支援を得て、いよいよ自宅敷地内に印刷会社兼出版社を開業。

 ドラマ最大の山場「白蓮事件」を経て、主要登場人物たちはようやくそれぞれの本当にやりたいこと、自分の進むべき道を歩き始めたって感じの第19週でした。

 

【第19週】8月4日~9日 「春の贈りもの」あらすじ(公式サイト)