空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

明け方だというのに...

 台風が近づいてきてるせいなのかね?もう明け方だというのに、ひんやりともせずTシャツに汗が滲み出てくるし、網戸から微風すら吹き込んでこないし...

 稲妻と雷鳴と雨の音に悩まされた昨夜とは打って変わって静かな夜だけど、蒸し暑さが肌身に沁み込んでくるよう。

 音量絞って音楽でも聴こうかと思ったけど、基本的に聴いてて鼓動が激しくなってきたり、血が騒いでくるようなロックやソウル、R&B、女性アイドルのCDしか所持していないので、こんな夜だと、それは火に油を注ぐようなもの。窓の外から聞こえてくる蛙や夜行性の鳥の鳴き声ですら、今夜は私の不快指数を上げてるからね。(笑)

 いや、ホントにここまでの過ごし辛い夜は、かなり久しぶりのような気がする。扇風機を出しておかなかったことを激しく後悔しながら、今、明け方を迎えようとしています。アイスコーヒー飲みながらこれ書いてるけど、ビール、発泡酒とまでは言わないけど、刺激的な冷たさの炭酸水が欲しいです。関係ないけど、NHK総合連続テレビ小説花子とアン」に出てくる福岡の石炭王・嘉納伝助さんの「サイダーは魔法の水」という名言をふと思い出しました。(笑)