空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

「花子とアン」 第13週・感想ツイート集

 先週放送分の連続テレビ小説花子とアン」(NHK総合)の感想ツイート集を。

 左寄り演劇大学生・宮本と蓮様が急接近。後に二人は大事件を起こすこととなりますが、内に秘めた文芸に対する情熱が共鳴しあった二人。熱いけれど危うさ脆さも観ていてひしひしと感じられます。そして、そんな二人(ホントは社会主義学生の宮本の方を内偵中)を尾行する憲兵となった、はなの兄・吉太郎。吉太郎にとって蓮様は初恋の相手でもありました。3者が交差する瞬間はなんともスリリングでした。「兄やん」も、その任務に忠実な分、危うさと脆さを感じます。

 あ、そうそう!上記の展開の副産物として、はなと嘉納伝助が初体面したのも何気に大きな出来事でしたな。

 はなは、村岡英治への恋心に気付き、自分から告白するものの、実は村岡には既に妻がいて、尚且つその妻は結核で療養中であったという衝撃の事実をとうとう知ることとなり、心が揺れまくりの第13週でしたね。

 

【第13週】6月23日~28日「その恋、忘れられますか?」あらすじ(公式サイト)