空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

Twitterでたまに思うこと

 趣味・関心事の共通項のあるアカウントや、リツイートされて自分のタイムラインに乗っかった興味深いツイートをした人をフォローするつもりが、オフラインでの所作で言うなら「うっかり手が滑った」ような感じで、そのアカウント(もしくはツイート)の前後に並んでいたアカウント(ツイートの主)を誤ってフォローしてしまう...これは今もたまにやってしまいます。

 たまたまそのツイートに、自分の趣味・関心事に関係するワードが発見できた、散見していたというだけで、「おぉ!同好の士よ!!」と勝手に思い込んでフォロー。後になって、実は早とちりで全然自分とは共通項のない方だったことに気付く...Twitterはじめて間もない頃によくやっちゃってました。(笑)

 上記のような感じでだったのかどうかは判らないけど、その人のプロフィールや、ツイート内容を眺めてみて、この人、多分私を誤フォローしちゃったんじゃないのかなぁ?としか思えない、全く共通項を見出せないTwitterのフォロワーさんが、現在3人くらいいらっしゃいます。宣伝目的の企業系アカウントでもなく、たくさんの人に自分の視点や主張や仕事そのものを知ってほしいというような、個人の名前を出して仕事をしてらっしゃる人でもない、それこそ私と同じように、単に余暇を楽しむ手段や暇つぶしのためにTwitterを使ってらっしゃるような人。

 勿論、フォローする人を選ぶ基準はホント人それぞれ。ひょっとしたらあえて共通項のない人"も"フォローして、そのツイートを通して自分の知らない世界、縁のない世界を垣間見て楽しんでいらっしゃるのかも知れません。ただ、ロックやソウルといった洋楽、AKB48だのSKE48だの佐藤すみれだのひめキュンだのといった女性アイドル、NHK総合連続テレビ小説...そういった興味ない人にはなんのこっちゃだったり、ウザかったりもするであろう独りよがりなツイートが多い上、それらに関するリツイートも多い私だけに、あの人達かなりウンザリしているのではないかなぁと、時々申し訳ない気分になってしまうことがあります。