空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

do the Loco-motion with me

 ポピュラー音楽界に偉大な足跡を残した人物の訃報が相次ぎますな。

 キャロル・キングと共に「ゴフィン=キング」のソングライター・チームで1960年代から70年代にかけてたくさんの素敵なポップスを生み出したジェリー・ゴフィンが亡くなったそうです。

 個人的にはハードロック/ヘヴィ・メタルあたりからスタートした音楽ファン人生なので、正直、昔から、ゴフィン=キングが世に送り出したポップスにそれほど親しんできたとは言えないです。

 だけど、リトル・エヴァの大ヒットがオリジナルで、70年代前半から半ばにかけて一世を風靡したアメリカのハードロック・バンドであるグランド・ファンク・レイルロードのカヴァーでも有名な「ロコモーション」、シフォンズなるガールズ・グループが1963年にヒットさせたという「ワン・ファイン・デイ」、アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」あたりは、かなりの後追いながらも、初めて知ったときから現在に至るまで、ずーっと大好きな歌です。これからも時々、頭の奥の方で鳴り出すことでしょう。

 謹んでジェリー・ゴフィン氏のご冥福をお祈りいたします。