空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

「花子とアン」第11週・感想ツイート集

 さて、今週も連続テレビ小説花子とアンNHK総合)の感想ツイート集を。

【 #蓮子とデン 】のタグまで!朝ドラ『花子とアン』は蓮さまと伝助のサイドストーリーの方が気になる!(NEVER まとめ)

  ↑今週、「#花子とアン」のハッシュタグをつけて呟くTwitter民の間で話題になっていたツイートのまとめ記事です。

 どうやら、名作「赤毛のアン」の訳者として知られる村岡花子さんの生涯を元にした「花子とアン」のメインストーリーよりも、村岡さんの女学校時代からの「腹心の友」であり、名高い歌人でもあり、「大正三大美人」の一人であった"柳原白蓮"の再婚先の福岡県での日々を元に描かれた、石炭王・嘉納伝助邸で繰り広げられるサイドストーリーに、より惹かれている、そちらをもっと観たいという視聴者層が出来上がっているよう。私が見たとあるツイートなのですが、毎朝「#蓮子とデン」のハッシュタグTwitterを検索し、福岡は嘉納家の描写がある回かどうかを確認して、あった時のみお昼の再放送を観るという極端な視聴スタイルの方もいらっしゃるようです。(笑)

 センセーショナルな描かれ方の嘉納家に心を奪われがちな中、主人公・はなと山梨県甲府の農村にある安東家周辺も、騒動や割りと大きな動きのあった【第11週】。

 はなの理解者であり、子供の頃からずっとやさしい視線で見守ってきた石橋蓮司さん演じる「周造おじいやん」の死という、その中でも一番大きな出来事を経て、はなは東京で作家を目指しながら出版社で働く決意を固めます。いろんな意味で長かった女学校卒業後の「甲府編・第2章」「教師編」が終わった週でもあった【第11週】でした。

【第11週】6月9日~14日 「グッパイ!はな先生」あらすじ(公式サイト)