空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ヘヴィ・ロックな月曜日

 月曜深夜のお楽しみはradikoでラジオ。InterFM「Kenrocks Nite Ver.2」。DJは大貫憲章さん&Katchin'さん。

 本日の前半、大貫さん担当のロック・サイドは70年代英国ハードロックの雄、ディープ・パープル特集。意外にも大貫さんは、1972年の伝説のパープル初来日公演をご覧になってないそうです。理由はなんだったか思い出せないそうですが...

 パープルのロック史上に燦然と輝く名作ライブ・アルバム『ライブ・イン・ジャパン』は、元々日本の独自企画で制作され発売されたもの。それが欧米に逆輸入され大好評を得たことで、欧米でも正式に発売しようと、『ライブ・イン・ジャパン』と同内容のものが入れ物だけ変えて発売されたのが『MADE IN JAPAN』。それが、最近リマスタリングされて再発になったということで、この特集が組まれたとのこと。

 後半のKatchin'さんのノーザン・ソウル・サイドは、彼のDJイベントが近いということから、彼によるノン・ストップDJ-MIX

 今週は、10代の私を夢中にさせ、それまで頭に描いていたロックの新たな地平を見せてくれたバンドであったディープ・パープルの特集だけに血が騒ぎましたね。『ライブ・イン・ジャパン』は10代~20代前半の頃、何度も繰り返し聴きましたが、今でも「ハイウェイ・スター」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」におけるリッチー・ブラックモアのギター・ソロには身を乗り出すように聴き入ってしまいますし、ソロのクライマックス部分では稲妻にでも打たれたような心持ちになってしまいます。リッチーとバトルを繰り広げるジョン・ロードハモンド・オルガンも、バンドの背骨であるイアン・ペイスのドラミングも本当に凄い。

 「LAZY」のイントロに入る前のジョン・ロードの即興演奏に、クラシカルなだけではないジャジーでソウルフルなもうひとつの彼の一面が感じられたのは、久々に聴いての新しい発見だったかな。

本日のプレイ・リスト(番組公式サイトより)

00:05 "HIGHWAY STAR(LIVE)" DEEP PURPLE
00:18 "SMOKE ON THE WATER(LIVE)" DEEP PURPLE
00:25 "LAZY(LIVE)" DEEP PURPLE
00:30 "BLACK NIGHT(LIVE)" DEEP PURPLE
00:38 "WADE IN THE WATER" RAMSEY LEWIS TRIO
00:40 "CALL ME" CHRIS MONTEZ
00:41 "HEY !!" BARBRA MERCER
00:43 "MIXED-UP, SHOOK-UP, GIRL" PATTY & THE EMBLEMS
00:44 "SUPER GIRL" GRAHAM BONNEY
00:47 "BINGO!" THE DYNAMICS
00:49 "LONELY LOVE" BETTYE SWANN
00:50 "WATERFALL" JIMMY CLIFF
00:52 "RUN, BABY RUN" THE NEWBEATS
00:54 "LIVE IT UP" DUSTY SPRINGFIELD
00:56 "NOTHING WORSE THAN BEING ALONE" THE AD LIBS