空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

なんてことないけど印象に残った光景

 ボールが学校の南側に通っている国道に飛び出さないようにってことなのでしょう。3メートル以上あるコンクリートの塀の上にさらに数メートルの高さの金網の塀が乗っかってるという巨大な塀がある地元の某高校のグラウンド。

 そんな塀を飛び越えて、国道でワンバウンドして向かい側のセブンイレブンの駐車場に転がり込んできた一個のサッカーボール。

 ボールが転がり込むのとほぼ同じタイミングでその駐車場に乗り込んできた一台の車。乗っていたのは仕事の途中でそのセブンイレブンに立ち寄った風のスーツ姿の若いサラリーマン。

 ボールは、これまた凄いタイミングで車から降りた若者の足元近くに。ボールを拾い上げると共に事情を察したのであろう若者。両手でボールを持ったまま国道の方へ歩き始め、歩道あたりまでたどり着くと同時にボールを手から離し蹴り上げました。

 ボールは見事7~8メートルはあるんじゃなかろうかっていう巨大な塀を飛び越えて高校のグラウンドの中へ...

 塀の向こうからなのか、どこからか聞こえてきた「ありがとうございましたー」の声を背に若者はセブンイレブンの中へ入っていきました...

 本日の夕方、帰りに寄ったセブンイレブンの喫煙場所のベンチに座ってセブンカフェのアイスコーヒーを飲みながら一服していた私が目の当たりにした光景です。一部始終を見ていて、なんだか道で500円玉を拾ったくらいのお得感に近いものを覚えた私でありました。(笑)