空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

購入記録と小さな失敗と

 久々にCD購入記録のようなものを。

 昨日、イオンモール広島府中店に出向いた際に立ち寄ったフタバ図書TERAにて4枚のCDを購入してきました。

  まずは↑これ。愛媛が生んだ女性アイドルグループ、ひめキュンフルーツ缶のニュー・シングル「ハルカナタ」。店頭価格では3900円する「ハルカナタ」の"初回生産限定盤A"をようやく購入。先日、持ち合わせが足りず、これの購入を見送って"初回限定生産盤B"のほうを購入する羽目になっちゃったからね。これで特典DVDの【ひめキュン初の映像作品を70分収録予定。2013年8月30日にTSUTAYA O-EASTで行われた『ひめキュン祭~大江戸アイドロール! SPECIAL』に加え、10月26日からスタートした全国ツアー「HimeKyun“Idoroll"Tour 2013-2014 Your Future Is Our Hope!!」のライブ映像とステージの裏側を収録したドキュメント映像】を視聴することが出来ます。

 

トウェイン・シャル・ミ-ト+3

トウェイン・シャル・ミ-ト+3

 

  次に↑これ。1960年代後半、アニマルズを解散させ米国へ渡った稀代のロック・シンガー/R&Bシンガーであるエリック・バードンが、現地で紆余曲折の末に再びアニマルズを名乗って活動するようになってからのアルバム第2弾。『トウェイン・シャル・ミート』20パーセントOFFで売られているのを見て飛びついたんだけど、帰宅してから大失敗だったことが判明しました。なんと私、数年前にこのCD購入していたんです。すっかり忘れていました。帰宅後、部屋でCD棚を整理していてようやく気付いたんです。

 この手の失敗って音楽好きでCDなりレコードなりを買い集めている人なら割とありがちみたいですけど、私は多分これがはじめて。頭抱えちゃいましたね。(笑)安さのみに目を奪われて、特に今これを聴きたい気分ってワケでもなかったのに購入してしまった故の失敗でしょう。そして、前回購入した『トウェイン・シャル・ミート』を聴き込んでなかったことも原因でしょう。ちょっと反省しました。

 

アイ・サンキュー

アイ・サンキュー

 

  そして、↑これ。先日の記事にも書いたように【アトランティック・R&B ベスト・コレクション1000】というワーナーさんの再発シリーズで、せっかくサム&デイヴ絶頂期のアルバムが再発されているのに未だ購入を先送りにしっ放しだったのは、ずっと気になる事項のままでした。で、今回、私が持っているサム&デイヴのベスト盤への収録曲とのダブりが少ない(殆どないに等しい)、『アイ・サンキュー』をまず購入してみました。

 

トンズ・オブ・ソブス+8

トンズ・オブ・ソブス+8

 

  最後に↑これ。英国ロック史的にも、全くの個人的にもわすれじのロック・バンドであるフリーの1stアルバム『トンズ・オブ・ソブス』。これも、先のエリック・バードン&ジ・アニマルズ同様に20パーセントOFFで売られていました。

 ブルース・ロック/ヘヴィ・ロックからは基本的にもう離れているつもりの私ですので、既にフリーのCDも手放してしまって手元には1枚もありません。でも、そういう状態になってしまった今でも、時折You Tubeで在りし日のフリーを観て、アドレナリン全開状態になることも少なくない私。やはり彼らの創造したブルース・ロックからは離れられないのだろうと...。そんな自分を素直に受け入れ、フリーだけはずっと聴き続けていこうと心に決めさせてくれたのが、フタバ図書TERAで『トンズ・オブ・ソブス』に貼り付けてあった20パーセントOFFのシールでした。

 現役当時平均年齢が20歳前後だった若者達によって想像された、米国の黒人ブルースからの影響を超えたところにあるブルース・ロックは、圧倒させられるだけでなく、青春時代の痛みまで妄想させてくれます。こんなバンドは、私の知る限り後にも先にもフリーだけ。これから少しずつフリーも買い直していこうと思っています。