空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

お題に沿ってはいないかも

 今週のお題「卒業」

 まあ、さすがにこの年になると、大昔に自分が迎えた卒業式のことを思い出して感慨に耽ったりすることもないわけでして...そっちの「卒業」については特に書くことはないです。

 さて、「卒業」といえば、そんな邦題のついた有名なアメリカ映画がありましたね。

 → 卒業(1967年の映画)Wikipediaより

 その映画「卒業」といえば、サイモン&ガーファンクルが歌った主題歌「サウンド・オブ・サイレンス」。

 多くの人と同じように、私もサイモン&ガーファンクルの歌に出会い、意識するようになったのは、映画「卒業」が最初。中学2年くらいだったかな?水曜ロードショーだったか、ゴールデン洋画劇場だったかはっきりは憶えていないけれど、とにかく今ぐらいの季節にそういったTV番組で「卒業」がオンエアされたのを観たんだったと思います。

 その後、当時聞いていたFMラジオ番組でオンエアされた「サウンド・オブ・サイレンス」を録音して、当時の愛用のラジカセで繰り返し聴いていたなんてこともあったなぁ、そういえば。

 

 本日You Tubeで↓この動画を観ました。1981年に米国ニューヨークはセントラル・パークにて行われたサイモン&ガーファンクル伝説の再結成チャリティ・コンサートの模様の一部。

 私の大好きな曲である、ポール・サイモンの名作ソロ・アルバム『ひとりごと/THERE GOES RHYMIN' SIMON』の一曲目「僕のコダクローム/Kodachrome』から、チャック・ベリーの「メイベリーン/Maybelline」に繋がるなかなかに粋な構成が気に入っていて、以前気に入っててよく観に行っていた動画です。

 この弾けるような瑞々しいポップ・ナンバーをこの二人のハーモニーで聴けるのがとにかく嬉しい。そして、「メイベリーン」には、彼等のルーツの中には間違いなくロックンロールもあったことが伺えて、それもなんだか嬉しい。


Kodachrome Simon & Garfunkel 1981 - YouTube

 この動画をブログ記事に使おうと持ち帰ってきたところで、「はてな」さんからの今週のブログ記事のお題が「卒業」であったことを知りました。で、こんな感じの記事になってしまったというわけです。(笑)