空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

リスペクト

 本日3月25日は、"レディ・ソウル"の称号を持つ、米国が生んだ偉大なる女性歌手であるアレサ・フランクリンの72歳の誕生日だそうです。おめでとうございます。

 約3年前、Twitter相互フォロー状態にある数人の方からの影響もあって、私の中でサム・クックを中心としたR&Bやソウル・ミュージックのブームが起こりました。それまでもぼちぼちそういった音楽も聴いていましたが、"R&B"や"ソウル"といったジャンルを大いに意識するようになったのは、あの時が音楽ファン人生で初めてでした。

 で、その時、最初に関心が集中してCDを買い集めるようになったR&B/ソウルのアーティストが、男性アーティストは前述のようにサム・クック。女性アーティストは、彼女、アレサ・フランクリンです。

 ローリング・ストーンズロッド・スチュワートなど、私の好きなロック・ミュージシャンにもアレサをリスペクトしている人もいたし、私もブラック・ミュージックの分野では割と早いうちに音盤に手を出したアーティストであったし、その歌声に圧倒されもしたけど、当時はロックにどっぷりだったし、やっぱり"お勉強聴き"だったのは否めなかったな。あと、当時の私の耳には、アレサのアトランティック・レコードからの名作群で聞けるサザン・ソウルのサウンドは古臭く聴こえて、それほど夢中になれなかったのも事実。

 だから、前述の約3年前が、彼女の歌との本当の出会いだったと今は思っていますね。ゴスペル・フィーリング溢れる歌唱、ポップスもロックも他のソウル・シンガーの持ち歌もすべてアレサ流ソウル・ミュージックに変えてしまう手腕と力量には、惚れるばかりだし、トム・ダウド、ジェリー・ウェクスラーといった素晴らしいスタッフと共に創り上げた作品は、私の音楽ファン生活に欠かせないものであります。