空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

逆転現象。そして...

 我が推しである佐藤すみれちゃんが移籍予定のSKE48新生チームEのメンバーでは磯原杏華(いそはら・きょうか)ちゃんが気になる存在です。ルックス、容姿がモロにストライクなので。(笑)この子のことを知るためにも、SKE48の公演のオンデマンド配信を、単品購入という形ででも、ぼちぼち視聴開始した方がいいのではないかって思うようになった今日この頃です。

 オンデマンドといえば...

 NHK連続テレビ小説ちりとてちん」再放送に合わせたNHKオンデマンドでの「ちりとてちん」視聴がまた中断してしまってます。もう1週間を超えましたね。

 今月初め頃にもそういうことがありましたが、その時とはちょっと事情が違っていまして...

 ここでも何度も書いているように、「ちりとてちん」再放送視聴にハマった副産物として、私の中で約20年ぶりに落語のブームが巻き起こりました。まずは20年前には触れることはなかった「上方落語」をYou tubeで視聴したり、「上方落語」のCDを買うようになったところから始まり、更にブームは燃え広がって、かつてハマった「江戸落語」への興味が再燃。昔、買い集めた、「江戸落語」の名人達のカセットテープを新たな気持ちで聴きなおそうと、安価なラジカセを購入し、自室にラジカセ寄席(笑)を開くまでに至りました。そして、その火の勢いは、現在まで止まることを知らず...

 いつのまにか、副産物だった"落語をCDやカセットテープで楽しむ行為(マイ・ブーム)"が、自分の中の「ちりとてちん」ブームを上回ってしまったんですな。ここへきて、それまでNHKオンデマンドで「ちりとてちん」のアーカイヴを視聴していた時間を、落語の音源を楽しむ時間に充てるようになってしまっていたんです。

 でも、せっかく4ヶ月以上に渡って視聴を楽しんできた「ちりとてちん」。まったく興味がなくなったワケではないし、勿論、続きも気になっているので、今夜辺りからぼちぼち視聴を再開したいと思っています。さて、「鉄砲勇助」こと木曽山クンの初高座はどうなったのかな?(笑)

 

f:id:soranaka004:20140321175813j:plain

 六代目・三遊亭圓生の「浮世風呂」は、爆笑しながらも圓生の芸達者ぶりに唸ってしまった忘れられない音源です。

 江戸時代から明治時代にかけて(多分)の湯屋(風呂屋は上方の呼び方。江戸では湯屋と呼んだ)のあるあるのような噺。

 洗い場でのお婆さんの長台詞は可笑しいけれど圧巻だし、男湯で湯船に浸かりながらめいめい好きな芸事に耽る男達の滑稽な描写は、やはり爆笑モノながらも、圓生という稀代の名人の美声と端整な技を堪能できる至福の時間。都都逸、新内、義太夫、三味線や太鼓の口真似... ラジカセに向かって拍手したり掛け声のひとつもかけたくなります。