空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

今週の「ごちそうさん」感想ツイート集 3月10日~3月15日

第23週のあらすじ(「ごちそうさん」公式サイトより)

終戦を迎えた日。め以子(杏)は大阪に戻ることを決意する。が、大阪市内は荒れはてており、さっそく荷物を奪われる。西門家になぜか室井(山中崇)がおり、驚くめ以子。心配する希子(高畑充希)に、和枝(キムラ緑子)のもとに帰るように説得されるが、家族を待つというめ以子の意志は固い。闇市に足を運んだめ以子は、くずジャガイモを揚げて売ることを思いつく。源太(和田正人)の助けで商売を始めたものの、さっそく香月(波岡一喜)らチンピラに場所代を請求されるはめに。激怒したあげく源太にまであたるめ以子。不思議がる源太に、希子は活男の戦死公報のことを伝えめ以子の気持ちを思いやる。め以子は闇市の屋台でおいしく食べてもらうことにやりがいを感じ始める。藤井(木本武宏)と再会し、手元にぬか床が戻る。やがて実家の卯野家と、ふ久の嫁ぎ先の諸岡家が無事とわかる。久しぶりに米を手に入れ、炊き出しに精を出した日に、泰介(菅田将暉)の復員という最高の喜びが重なる。活男の件に衝撃を受ける泰介。め以子の周囲に集まる子どもたちを見て、身寄りを亡くした人たちのために動き始める。そして東京から戻った静(宮崎美子)にめ以子は驚きながらも喜ぶ。

 「ちりとてちん」再放送は、つい数日未視聴分を溜め込むことはあっても、「ごちそうさん」の方は、そういうことは一度もないです。(笑)念のために一応、毎日録画をしていますが、録画に頼らざるを得ない日があっても、必ずその日の内に視聴しています。やはり、リアルタイムで放送されていて、初回からずっと視聴し続けているドラマの方が、「早く続きが観たい」って気持ちは強くなっちゃいますね。

 戦争が終わり、焼け跡のドサクサ期に突入した大阪にめ以子が戻ってきたところから、今週のNHK連続テレビ小説ごちそうさん」は始まりました。

 空襲でなにもかも奪われても、丸裸にされても、なんとかして生きたい、生き延びてやる!っていう人の本能や、明るさや元気さを失わず協力し合って苦難の時代を乗り越えようとする庶民のたくましさが丁寧に描かれ、数週にわたってドラマを覆っていたカーキ色の重苦しかった空気も、め以子らの行く手を阻む時代の壁もなくなり、新しい時代の息吹さえ感じられた、見所の多い一週間でありました。