空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

久々に「ごちそうさん」感想ツイート集

 私はお昼の再放送分を視聴する「昼ごち」が多いのだけど、とにかく私の毎日の楽しみのひとつであるNHK連続テレビ小説ごちそうさん」。今週に入って、ドラマの中の時代は、先週までの昭和7年から、大東亜戦争がはじまる前年の15年(1940年)に。

 ドラマでは西門家と並んで根幹を成しているとも言える、"喫茶「うま介」に集う人たち"大東亜戦争前夜の描写が非常に興味深いです。大正末期~昭和初期の市井の人々に対して我々が抱く"勝手なイメージ"とはかけ離れた発想や会話や個性が「うま介」には溢れてて、それが私にはこのドラマを見る上での大きな楽しみになっていたのだけれど、そんな「うま介」に集う久々にも、否応なく時代の大きな波が押し寄せてきています。彼等ひとりひとりが大東亜戦争の時代をどう生きるのかが、「ごちそうさん」後半の見所だと、私は思っております。

 今週は、久々にドラマ視聴後にTwitterでした感想ツイートをブログに載せておきたくなりました。で、今日は、1月27日(月)~29日(水)までの感想ツイートを。