空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

蛙の子は帰る

 2007年度のNHK連続テレビ小説ちりとてちん」のBSでの再放送、お爺ちゃんが亡くなる前後あたりからずっと観続けています...と言いたい所だけど、途中から、毎日1話ずつのNHKオンデマンドでの視聴に切り替えました。(笑)

 録画して観るという行為が面倒になってきちゃったんです。家の二階にある自室にTVがなく階下で観なくちゃいけないってのが大きいですね。パソコンは家に居るときは大概電源を入れてますし、常にインターネットには接続している状態。おまけに私は家に居るときの大半の時間は自室で過ごしているので、いつでも好きなときに視聴できるNHKオンデマンドの方が私の生活スタイルには合っているんですよね。ちなみに私は特選見放題パックの月額会員です。

 

 さて、先週の土曜日(16日)に放送された第36話。素晴らしかったです。名シーンのオンパレードでした。落語が心底好きでたまらない、師匠を敬愛して止まない、徒然亭草若の弟子達(草原、草々、四草)の純情に泣けました。もう何度も観返しちゃいましたね。

 もうね、この第36話に関してはね、ここで思い出しながら書くよりも、視聴した直後にTwitterで呟いたことを載せちゃうほうが伝えたいことが伝えられるような気がするので、そうさせていただきますわ。(笑)