空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

持ち物

 10年前に持っていて、今もずっと愛用してるモノって、私個人のモノでは、ホントないですね。 

 経年の内に、破れたり痛んだり伸びたり縮んだり、逆にこちらの体型が変化して着れなくなってしまう衣類は勿論のこと、例えばCDなんかでも、ロック、R&B、ソウル、ブルース、ジャズといったジャンルに手を出し、たくさん買ったけど、やがて聴かなくなったり、ある時点で興味が薄れたり無くなったりしたモノは、金欠の時や様々な理由でお金が入用な時に、迷うことなく中古盤屋さんに売ってましたし、お気に入りのロック・バンドのCDでも、その後、リマスタリングされたり紙ジャケット仕様になったりして再発売されたら、そちらで買いなおして、古い方は売っちゃったりもしていました。 

 そんな風に、モノに対する執着心を持つことがなくなり、機を見て、本当にいつまでも取っておきたいもの以外は処分してしまうってのが身に付き始めたのが、22~23年前あたりからかな。もし、そうでなかったら、今頃は部屋の底が抜けちゃってたか、部屋にモノが有り過ぎて収納が困難になったことからくるストレスで、私はおかしくなっちゃってたことでしょうね。(笑) 

 それなのに、前述のCDの例に顕著ですが、興味を持つとすぐ買っちゃう癖の方は、全然直らないんですよね。本来ならそういう癖の方を直してく方が先ですよね。(笑)で、現在非常に遅ればせながらですが、財布を出す前に「それ、今必要か?」と自分に問いかけ、再考する行為を習慣づけるべく実践している最中です。