空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

Twitterでよく見るあのフレーズ

 夜中に一度目が覚めると、そのあとなかなか寝付けない私です。

 寝付けないついでにベッドから這い出して、あやうく忘れるところだったNHK-BSプレミアムで朝の7:15から再放送中のドラマ「ちりとてちん」の録画予約を済ませた後、電源が入りっぱなしになっていたPCに向かい、戯れにTwitterで検索などをしてる時に見つけたのが、下に貼り付けた2つのツイート。

 Twitterのユーザー・プロフィールや定期ツイートでよく見かける「お別れはブロックで」のフレーズに込められたそのユーザーさんの気持ちは、多くの場合↓この2つのケース↓のどちらかだと私も思いますね。

 相互フォロー状態だった相手からフォローを外されるということを必要以上に気にする人や、外されたことに抵抗を感じている人がやたら目に付くのは、やはりTwitterを友人や同好の士とのコミュニケーションを図るツールとして使っておられる人が多いからなのでしょうね。

 その人のツイートが自分にとって興味深いモノだからフォローしているのではなく、あくまで、趣味の合う人とタイムライン上で絡み合ったりとか、リアルで付き合いのある人とのマメな連絡や、リアルでのおしゃべりの延長をしたいがためのフォローだから、相手にフォローを外されて片思いな状態になるなんてのは、彼らにしてみれば絶対に有り得ない事なのでしょうな。