空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

とりあえず観続けてみよう

 あまり好きな呼び方ではありませんが、「国民的」なんて冠がつくくらいの人気ドラマとなったNHK朝ドラ「あまちゃん」の後番組として、尋常ならざる目に見えぬ重圧の中で始まった「ごちそうさん」

 本日、第1話を観た個人的感想としては...

 ↑主人公の杏さん演じる「め以子」の幼少時を演じている子役の、ベタ過ぎるくらいの「子役臭さ」に戸惑いつつも、この子の「食べること」に対する常軌を逸してる...といっても過言じゃない程の執着心に、逞しさとか生命力の強さを強く印象付けられました。この子がどういう成長過程を経て「人に食べさせる」側の人になっていくかが物語前半の注目点なのでしょうかね?

 ↑私が今後このドラマにハマるかどうかは、美味しい食べ物や料理をどれだけ美味しそうに魅せてくれるか?どれだけ美味しそうに食べてみせてくれるか?って点が、かなりの部分を占めているような気がします。この第1話に登場した巨大なオムレツを見て、それを確信しました。アレはマジで美味そうでした。

 ただ、幼女・め以子ちゃんは、少々食べ方が汚そうなのが気になりました。この点は財前直美さん演じる母親のイクさんの躾に期待したいですね。(笑)吉行和子さん演じる祖母や原田泰造さん演じる父親は娘に甘そうなので。

 ...

 ま、こんなところです。「あまちゃん」ですっかり習慣づいてしまった朝ドラをTVとネット(主にTwitter)で楽しむという遊びを、しばらくこの「ごちそうさん」でも続けてみようと思います。このドラマなりの魅力で夢中にさせてくれるといいな。