空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

興味深いけど

 リンク先の詳細を見ると、【CD3:ライヴ・ブートレグ・アルバム。1969年のライヴより21曲のみ発表トラックを収録】などという興味深いDiscもあるし、【レアな写真などを掲載した80ページのフルカラーブックットやポスターなども同梱】なんていうオマケもあって、狂喜しちゃいそうな中身のボックス・セットであることには違いなくて、国内盤が出るなら絶対買いたいシロモノではあるんだけれど…っていうかほぼ買っちゃいそうな気がするんですけどね。(笑)

 このTwitterでこのニュース記事を目にした後、久々に『TOMMY』を棚から出してきてずっと聴いているんですけど、ピート、ロジャー、ジョン、キースの4人で創り上げた、40年以上ずーっと輝きを放ち続けているこの作品の、デモ&アウトテイク(ピート・タウンゼントのデモ・アーカイブからセレクトされた20曲の未発表音源)なんて、果たして耳にする必要あるのだろうか?持っている必要あるのだろうか?なんて、頭の中で疑問符がグルグル回りっぱなしです。

 勿論、長年の熱心なファンやマニア&コレクターを対象にした商品であることは、端から百も承知なんですけどね。

 ただね、なんだか『TOMMY』が、「これで充分だろうが!」とか「これ以上何が要るんだ?」と語りかけてきてるような気がしてね…

ロック・オペラ“トミー”

ロック・オペラ“トミー”