空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

卵アイコンになっている

  Twitterでは、ユーザーが自分でアイコン用の画像をアップロードしない限り、そのユーザーのツイートには↓のような卵の形をした規定アイコンが表示されます。

    f:id:soranaka004:20130812005632j:plain

 Twitterのユーザーからはそのものズバリの「卵アイコン」と呼ばれていて、どうしたわけか、画像を使わずこの卵アイコンをそのまま使っているユーザーは、あまりいい印象を持たれないケースが少なくないようです。プロフィールに「卵アイコンはフォローしません」だの酷いのになると「ブロックします」と書いているユーザーをよく見かけますし。

 恐らく、卵アイコンなままの「捨てアカウント」で悪質なツイートをする輩が、現在も後をたたないのでしょうね。「卵アイコン=厄介」みたいな...

 

 私は、Twilogという呟きをブログ形式で保存できる連携サービスを2年近く前から使っているのですが、このTwilog、自分の呟きを保存できるだけでなく、自分がリツイートした他人の呟きも一緒に保存できるのです。

 で、あくまで私個人がつい最近知ったことなのですが、例えば私がリツイートした呟きの主が途中でアカウントを削除してしまった場合、保存されていた呟きそのものは残っていても、呟きの主が使っていたアイコンの画像は消えてしまい、例の卵アイコンに変わってしまうようなのです。Twitterに連携したサービスだけに、こういう場合はアカウントと一緒に呟きもアイコンもすべて消えてなくなっちゃうのかと、自分は思っていたので、ちょっと驚きでした。

  ↓アカウント削除の場合。この呟きの主さんは、イラストの上手な方で、自作のポール・マッカートニーをはじめとするビートルズのメンバーやブライアン・ジョーンズ(ローリング・ストーンズ)のイラストを、よくアイコンに使われていました。ニックネームも消えて"Unknown"にされちゃってますね。

 f:id:soranaka004:20130812021404j:plain

 ↓ちなみに、私がリツイートした後に、呟きを非公開にしまわれた方の場合はこうなっています。呟きも消えて、残るは卵アイコンのみw

 f:id:soranaka004:20130812021855j:plain

  さて、私は、以前このブログにも書いたように、1ヶ月とちょっと前に現在使っているTwitterアカウントに移行し、それまで約3年間使っていた旧アカウントを削除しました。そのアカウントは、3年間使い続け33345件のツイート数で、決して多いとはいえないまでも、リツイートされた呟きもそれなりにありました。

 旧アカウント時代の私の呟きをリツイートしてくださった方で、Twilogを利用していらっしゃる方がどれくらいいるのかは判りませんが、幾人かの人のTwilogに卵アイコン&Unknownと化してしまった私の呟きが保存されていると思うと、気分はちょっぴり複雑です。(笑)かつて、そう!正にTwitterを始めたその日、「卵」にされてたまるかよと、即効で画像フォルダにあった適当な画像をアップロードして、アイコンにしてしまった私ですので。