空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

所謂ヲタTの話

 7月24日の日記にも書いたけれど、かつて私はモーヲタ/ハロヲタに分類される時期を過ごしていたことがありました。

 もうちょっと詳しく書いちゃうと、1999年春(5枚目のシングル「真夏の光線」がきっかけ)から2002年いっぱいくらいまで所謂在宅ヲタ(コンサートやイベントには行かず、TVやCD、DVDで娘。や松浦亜弥を楽しむ)。約3年のブランクをおいて、2005年秋ごろにモーニング娘。/ハロプロへの興味が再燃。2006年の初めごろから2008年いっぱいまでを、金と時間の都合がつけば、モーニング娘。Berryz工房℃-ute安倍なつみの現場へ出向く、でも必死系ではなくあくまで軽めな、現場ヲタとして過ごしました。

 ハロプロから離れて4年半以上が過ぎた今は、モーヲタ/ハロヲタ当時の名残のようなもの(ハロプロ関係のCD、DVD、書籍、グッズ)は、さすがに殆ど残っていません...と言いたいところですが、実はしっかりあります。(笑)CDやDVD、書籍といったものは、売却したり、人に譲ったり、モノによっては廃棄したりしたので、そういった媒体ものは何一つとして残っていません。残っているのは、コンサートに参戦したときに、毎回ではありませんが、記念&コンサートに参戦する際のユニホームにという位置づけで購入した十数枚のTシャツです。(笑)所謂「ヲタT」ってヤツですな!

 どれも例外なく、アルファベット表記でメンバーの名前がプリントされてたり、ツアータイトルのロゴが派手な配色で前面にドーンとプリントされていたり、凄いのになると、メンバーが片手間に書いたようなイラストや自分の似顔絵がやはり前面にドーンとプリントされていたりするんですな。(苦笑)なんていうか、ハロプロ所属のグループやメンバーへの愛が無ければ手にできるものではないし、ハロプロ系のコンサートやイベントに参戦するとき以外には、とてもじゃないけど着られるものではありません。(笑)

 今現在も、用途がないままに衣料収納ケースの下の方に寝かせたままになっている、これらヲタT群。いい加減に処分することを考えんとイカンね。袖に手を通すことは、今後、まずないだろうし。

 

 ...と、こんな感じで、私のTシャツにまつわるお話をひとつ披露させていただいたところで、はてなTシャツ2013のプレゼントに応募させていただこうと思います。(笑)この手のプレゼントに応募するのも、ずいぶん久しぶりだなぁ。

 

はてなTシャツ2013ができました! プレゼントキャンペーンを実施します - はてな広報ブログ