空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ヲタ時代

しみじみと元モーヲタがヲタ時代を懐かしむスレ 2

 13 : 名無し募集中。。。 2011/06/13(月) 01:21:39.45 O

現行ヲタだが前スレを読んでた 

忙しくなって追えなくなって醒めて行くという気持ちが 

なんとなく最近わかるようになってきた

 

14 : 名無し募集中。。。 2011/06/13(月) 01:22:35.86 0

あー別に追わなくても問題ないんだって気づいたらもうダメだよねw 

急激に醒める

 

15 : 名無し募集中。。。 2011/06/13(月) 01:22:37.73 0

>>13 

みんな自分の生活を守るのに必死になるからね

 

16 : 名無し募集中。。。 2011/06/13(月) 01:23:11.56 0

>>14 

それで他に楽しみ見つかったらもう完全に終わり

 

 検索中に見つけた、2年前に2chは狼板にあったのであろうスレのアーカイヴ。上にコピペしたやりとりが、やたら印象に残りました。本気で夢中になって追いかけてる時期ってのは、当たり前に永遠ではなくて、冷静になる瞬間は、様々な形で誰の元にも必ずやってくるのではないかと思います。そこで、冷めていくに任せちゃうか、自分なりに考え、手段を講じてヲタ活動を継続していくかの二手に分かれちゃうのでしょう。

 自分もかつてモーヲタ/ハロヲタに分類される時期を過ごしていたことがありますが、自分の場合は、「自分なりに充分ハロプロを楽しんだし、もう、そろそろいいかな」って、いつのまにか思うようになっていたのが、離れた一番の理由かな。まあ、本当に気合の入ったヲタの人から見れば、ショボ過ぎる現場参戦歴であり、ハロプロに対する思いが浅かっただけってことになるんでしょうけど、自分としては納得してのヲタ卒の決意でした。

 その後、AKB48にハマったり、広島発のご当地アイドルまなみのりさを追いかけたり、愛媛発のご当地アイドルひめキュンフルーツ缶に惚れこんだりなど、相変わらずアイドル界隈をウロウロしたりもしていますが、ハロプロに夢中だった頃のような、「些細な情報も見逃すまい」的な熱心さや、刹那に近いような思いっていうか、「今をとことん楽しみつくしてやろう」的考えは、さすがにもう湧いてこないですね。アイドル現場にいても、冷静な自分が常に傍にいるっていうか...ある意味、私のアイドルヲタ時代は、モーヲタ/ハロヲタを卒業したときに終わっていたのかもしれません。