空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

楽しむのはこれから

 THE WHOは大好きなんですけど、よく聴いたし、必携だと思っているのは1965年のデビューアルバム『マイ・ジェネレーション』から1972年の『四重人格』までの6枚のスタジオ・アルバムと『ライブ・アット・リーズ』などの全盛期のライブアルバムです。

 だから、1970年代半ば以降に発表されたアルバムは、過去に所持していたことはあっても、関心の度合いははかなり薄かった私なのですが、最近、久しぶりにCDを買いなおした『ザ・フー・バイ・ナンバーズ+3』がヤケに心地よいっていうか、これまでじっくり聴き込まなかった分、新鮮に響いてきているんです。

 なんたってピート・タウンゼントの制作した楽曲群だし、ロジャーも歌い手として最高潮の域に達したと思われるし、これまでは、頭数をそろえる的に持っているだけに近かったこのアルバムを、THE WHOのファンを自認してる者として、今、ちゃんと聴きたいという気持ちでいます。前述の作品群と比べると、ややインパクトに乏しく地味っていう感想が果たして覆るかな?そこまでは行かなくとも、自分の中での『ザ・フー・バイ・ナンバーズ』の位置づけが変わるくらいはあるような予感がしています。

ザ・フー・バイ・ナンバーズ+3

ザ・フー・バイ・ナンバーズ+3