空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ROCK

日本盤発売決定も嬉しい

ザ・フーが1968年4月に米ニューヨークのフィルモア・イーストで行ったコンサートの模様を収めたライヴ・アルバム『Live at the Fillmore East 1968』。日本発売決定。50周年を記念したオフィシャル・リリース作品 https://t.co/GbSeLjqYw1— amass (@amass_jp…

映像作品として所持したいと思った。

1980年9月だから、ジョンが亡くなる前に行われたコンサートなんだね。大観衆の絵が美しいです♪ ⇒Elton John - Imagine (Central Park 1980) https://t.co/cLtiq0ijMK— 宙中(そらなか)逍遥 (@aerialwalk004) 2018年2月20日 like it ⇒ ⇒ Elton John - Tiny D…

そんな今日この頃

1990年代にリリースされたロック(主に洋楽)のアルバムの国内盤を中古で買い、ライナーノーツを読みながら、そのバンドと彼らが生み出す音楽を当時取り巻いていた本国の状況や日本におけるそのバンドの立ち位置などを知り、追体験しているような気分に浸る…

また一つ巡ってきたよ…

amass.jp 今月初めに最新アルバムがリリースされたばかりの英国産ベテラン・へヴィーメタル・バンド、サクソン(Saxon)の初期スタジオ・アルバム三作が、CDとアナログレコードでリイシューされるようだ。 ●Saxon (1979)●Wheels of Steel (1980)●Strong Arm …

発売日が近づいてる。忘れないように…

【予約】2/26発売:UFO featuring Michael Schenkerブリティッシュ・ハードロックの名門バンドUFOの50年史と全作品を徹底解説!!https://t.co/M9PT5w5LrN pic.twitter.com/kGYvbBuRgB— ディスクユニオンハードロックヘヴィメタル (@diskunionMETAL) 2018年2月…

私の好きな"SHAKE!"

これ、若き日のロッド・スチュワートの写真のスライドショーがとても良いね。 音盤では所持していないのだけど、こうして時々You Tubeで、ロッド・スチュワートver.の"SHAKE!(サム・クック のR&Bナンバー)"を聴くたびに、スモール・フェイセスver.の同曲…

今年は「いろいろと巡ってくる」年か?

ストラングラーズの初期アルバム7タイトルがボーナストラックを追加して再発。1st『Rattus Norvegicus』から81年『La Folie』までのスタジオ盤6作+ライヴ盤『Live (X Cert)』 https://t.co/f05Jqtyv1L— amass (@amass_jp) 2018年2月11日 遠い昔に初期作品の…

憶えておきたいことが多すぎて...

「ブルース・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ」14タイトルが一挙リリース https://t.co/EmxrcgMofS #芽瑠璃堂 — 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2018年2月10日 ジョージ・サラグッド、ロイ・ブキャナン、キーフ・ハートレイといったいつか聴いて…

このリリースこそが…

スリル倍増⚡️⚡️⚡️ただいまキャプテンギター&ベイビーロックのマスタリング中!ピースミュージックにて!シナロケ16アルバムから鮎川誠により厳選された41曲2枚組!「ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ VICTOR ROKKETS 40+1」3/28発売! pic.twitter.com/Pe…

嬉しいリリースのNEWSではあるのだが…

amass.jp CD1とCD2には1995年<The Dogs Of War Tour>、CD3には2004年<The Lionheart Tour>、CD4には2005年<A Night Out With The Boys: The 25th Anniversary Of The NWOBHM>、CD5には2006年<Rock Sound Festival>を収録。 英国のベテラン・ヘヴィー…

私の好きな"ハートビート"

youtu.be この ''Heartbeat''って曲、ハンブル・パイのこのver.が私にとっての初めての ''Heartbeat''だったのだけれど、これがバディ・ホリーのカヴァーで、1950年代の曲であることを知った時に驚いた記憶がある。1950年代後半から60年代前半のロックンロー…

タイトルからして既に躊躇してしまってる

amass.jp 名盤連発のマイケル・シェンカー(Michael Schenker)在籍時をフィーチュアしながら英国ハード・ロック界の名門バンド、UFOの50年史と全作品を徹底解説します。 う~ん... 1980年代前半、自信の名前を冠したグループを率いて日本で異常なまでの人気…

これぞ!な映像である

至高の3分33秒である。愛すべき英国のロックンロール・バンドFACESの1970年のライヴ映像。ロッド・スチュワートの2ndソロアルバムのタイトルトラック等を思いっきりラフに演っている。 ロッドがあの声で吠えまくり、ロニー・ウッドがスライドギターを弾き倒…

待ってました!の一冊

amass.jp カナダでの生い立ちから、ディランとの出会い、ザ・バンドの結成と黄金時代、そして「ラスト・ワルツ」まで。 これまで語られることの少なかったロビーの実像、そして彼から見たザ・バンドの内幕に迫る待望の一冊。 2010年代の今でも、アメリカのル…

リマスター再発が、出会いの好機

amass.jp www.kingsroadmerch.com 今回のElektra Asylum作品は、1973年の『Closing Time』から1980年の『Heartattacks And Vine』までのアルバム計7タイトルが対象。第1弾は『Closing Time』で海外で3月9日発売。残りの作品は3月23日に発売される予定... 未…

MISS YOU

ジョニー、ディーディー、ジョーイそれぞれの動きを観ているだけで幸せな気分になるMVである♪ ラモーンズ自体が20年前に解散したバンドで、この映像に居るオリジナル・ラモーン全員が鬼籍にあることを、つい忘れてしまっていることが今でも時々あったりする…

春の訪れを告げるのは…

【出演者紹介】#ハルバン'18 2018/3/10(土)11(日)≪BiS≫「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」をコンセプトに、「自給自足」をモットーとする。解散を経て再結成。「SOCiALiSM」https://t.co/VOyEf0F5Mw pic.twitter.com/…

これは憶えておきたい

「カントリー・ロックの秘宝」SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ名盤14タイトル一挙初紙ジャケ化 https://t.co/XZiPpFdskZ #芽瑠璃堂 — 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2018年1月11日 グラム・パースンズ擁するバーズが、その先駆けとなるアルバム『ロデオの恋…

今月のお楽しみの一つがコレ!!

モーターヘッドのラストメンバーのひとり、フィル・キャンベルが彼の息子達と組んだ新バンド。新曲「Welcome To Hell」のミュージックビデオを公開。この曲は1月発売のデビューアルバムに収録 https://t.co/JlOtPY6xuU— amass (@amass_jp) 2018年1月5日 アル…

【ツイート集】レミーの命日だった昨日に...

レミー及びモーターヘッドは、彼らの創造したロックンロールは、今でもすごく近いところにいる。私の中で生き続けている。12月28日はそれを確認する日。 【命日】レミー(1945-2015)モーターヘッド— つぶ訳@segawax (@segawax) 2017年12月28日 今日12月28…

気をつけねば

頭脳警察!こりゃイイ!フロ&エディ期のマザーズはモロにロック・バンドな趣で好きだ。エインズレー・ダンバーのドラムセットはあんなに前の方にあったんだねえ。ヴァイオリン奏者がいるけどジャン=リュック・ポンティかな? ⇒Frank Zappa : Who are the b…

好きなクリスマスソングについてのツイート集

好きなクリスマスソングは昔から「ママがサンタにキスをした」だったりする。このディー・スナイダー(トゥイステッド・シスター)ver.は今日初めて聴いたけど... ⇒I Saw Mommy Kissing Santa Claus 0001 https://t.co/10BwFCy3LJ— 宙中逍遥(そらなかしょう…

その訃報から3年。ジョー・コッカーついて映像を観ながらいくつか呟いた

【StonesRocksミュージック・ダイアリー/今日は何の日?】今から3年前の2014年12月22日はイギリス出身のソウルシンガー #ジョーコッカー の命日。享年70歳 #JoeCocker pic.twitter.com/5kfRrK2oDs— StonesRocks.jp (@StonesrocksJp) 2017年12月22日 ジョー・…

ドキュメンタリー映像作品はいい!

ジェフ・ベックの50年に渡る歴史を掘り下げたドキュメンタリー映像作品『スティル・オン・ザ・ラン〜ジェフ・ベック・ストーリー』が日本先行発売決定。日本盤のみ愛用ギター“テレギブ” 1/8 スケール フェンダー公認フィギュア付 https://t.co/YAYLAyB0q2— a…

BLUESについての私の二つの事項

・声に衝撃を受けたってことでは、やっぱフランク・ザッパのアルバム『ホット・ラッツ』の中の一曲"Willie the Pimp"で、キャプテン・ビーフハートの強烈な濁声を初めて聴いた時に勝るものはないな。私はハウリン・ウルフより先に彼に出会ってしまったのだっ…

あなたがつぶやいている「カタカナ」ベスト10で今までを振り返る

あなたがつぶやいている「カタカナ」ベスト10で今までを振り返る10.モンク9.ポスト8.ソロ7.レミー6.メンバー5.ツアーファイナル4.ファイナル3.クック2.サム1.ツアー https://t.co/nVk9E3S0Ks現在推してるアイドルがカタカナ表記じゃないからなー BiS、BILLIE…

このことは忘れない

いやあ、ファイセズ最高♪このライヴ映像は、 演奏にもロッドの歌にも身体が大きく反応してしまうな。 ロッド・スチュワートの1972年に発表の4thソロ・アルバム『Never a Dull Moment』は素敵すぎるアルバムだ。いきなりこの映像で聴ける名曲「True Blue」か…

たったひとつの条件

R&BやBLUESなどROCKのルーツを辿るようになってから、幾度となくリトル・リチャードのベストや編集盤を手にしては金欠時などに手放すという行為を繰り返してきた。(笑) 数多ある彼のベスト盤や編集盤の中から1枚をチョイスする時の基準はただ一つ。一曲目が"…

思わぬ再会とはこのこと

1980年、YMOブームの真っただ中、"テクノ・ポップ"というワードが飛び交う日本の音楽シーンに登場したテクノ・ポップ・バンド(当時、そう紹介されていた)、プラスチックスの曲"WELCOME PLASTICS"。 当時、ちょっとばかり尖がった音楽好きの友人にLPレコー…

THE WHO 1964

TwitterのタイムラインでTHE WHOの素敵な画像を見つけたので保存。キース・ムーンの初々しさよ。 1964年の写真だという。「ザ・フー」の名義でレコードデビューする前の"ハイ・ナンバーズ"と名乗っていた頃の彼等だろうか?それとも「ザ・フー」に再改名し再…