空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ロック

来年のお楽しみがひとつ

英へヴィメタル・バンド、サクソン(Saxon)が新アルバム『Thunderbolt』を海外で2018年2月2日発売 https://t.co/b3UKiouku5— amass (@amass_jp) 2017年11月7日 好きなバンドのニューアルバムの情報というものは嬉しいものだ。あと、自分は音盤を買い続ける…

どこにも行けない

ホーン隊とコーラス隊が素敵だな♪ また一つYou Tube内で見つけた名演。 カントリー・ロックのはじまりであり、アメリカン・ロックの名盤のひとつであり、ザ・バーズの歴史の中でも特異なアルバムである『ロデオの恋人/Sweetheart Of The Rodeo』の一曲目を飾…

案外忘れがちなこと

英国の一応はフォーク・ロックで括られて紹介されることの多い、トラッド/フォーク系ギタリスト二人、ジャズマン二人によるリズム・セクション、紅一点の女性シンガーからなる異色のバンド、ペンタングル。 1968年リリースの彼らのセカンドアルバム『スウィー…

シスコの女帝だった人

【誕生日】グレイス・スリック(78歳)ジェファーソン・エアプレイン— つぶ訳@segawax (@segawax) 2017年10月30日 Twitterのタイムラインで、10月30日が元ジェファーソン・エアプレイン~ジェファーソン・スターシップ~スターシップのヴォーカリストであっ…

私にとっても大切な1枚

ネヴァー・ア・ダル・モーメント 『Never a Dull Moment』は、一曲目の"True Blue"をロッドがあのしわがれ声で歌いだした瞬間から、もう惹き込まれてしまうんだな。個人的に、聴いたことのあるロッド・スチュワートのアルバムではNo.1であります。 昨夜、Twi…

決定事項

どうやらジャズのブームが私の中で久々に起きたことを認めざるを得ない状況だ。 ここ10日間くらいの間、聴いてるCDの大半はジャズのCDだし、今週末には現在所持していないデューク・エリントン、カウント・ベイシー、ルイ・アームストロング、ディジー・ガレ…

とあるミュージシャンの些細な思い出

先週末の話だが、HM/HRのフェス【LOUD PARK 2017】の2日目にヘッドライナーとして出場したマイケル・シェンカーのステージで、ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーという、MSGの歴代ボーカリスト3人が集い、ステージ上で交代で曲…

久々に思い出した人

昨日の夜、とあるTwitterの相互フォローの方のツイートを見て、久しぶりにデイヴ・メイスンのことを思い出した。で、彼のCD『ヘッドキーパー』を聴いた。メイスンは英国出身のベテラン・ロック・ミュージシャンです。 ヘッドキーパー アーティスト: デイヴ・…

ベックさんの軌跡と魅力を...

ジェフ・ベックの軌跡と魅力を一冊丸ごと特集した書籍『ジェフ・ベック』が河出書房新社から11月28日発売予定。ジェフ佐藤、大鷹俊一、是方博邦、rei、野村義男ほか https://t.co/1s2N3HSEtQ — amass (@amass_jp) 2017年10月8日 ロック好きになって30年以上…

ある日突然出会って...

like it ⇒ ⇒N'夙川BOYS/物語はちと?不安定 https://t.co/ISmOpdt2NM— 空中逍遥 (@aerial_walk) 2017年10月8日 N'夙川BOYS(ンしゅくがわぼーいず)。KING BROTHERSのマーヤ氏が参加していたもう一つのバンドであることと、2年くらい前に活動休止のNEWSを見…

初めて知った時の顔

#EricClapton pic.twitter.com/sxxBm6MRT9 — SheenaIsAPunkRocker (@77MASH) 2017年9月27日 顔を覆う髭と大きな襟のシャツが時代を感じさせる、ステージに立つエリック・クラプトンの写真。1970年代後半~80年代初頭くらいの彼だろうか? "クラプトン"の名を…

これは買うぞ!(笑)

DESTRUCTION の初期楽曲セルフカヴァー・アルバム第2弾『THRASH ANTHEMS II』日本盤11月10日発売!「Blackmass」や「The Ritual」等の新録ヴァージョンを収録!! pic.twitter.com/sO53fDK5c6— HMV_Metal (@HMV_Metal) 2017年9月29日 『THRASH ANTHEMS』の第…

ただそれだけなんですが

スティーヴン・キングのどの小説だったかまでは思い出せないが、主要登場人物の一人である女の子が、自宅で何かを(編み物?)しながらジェファーソン・エアプレインのアルバム『ロング・ジョン・シルヴァー』を聴いているって描写があって、読んでから30年…

You Tubeで名演に出会う

Graham Nash & Stephen Stills - Military Madness (Live) ついこの間、You Tubeで見つけて気に入ってしまったライヴ映像。 詳細は知らないが、S&Nとでも呼べばいいのか、とにかくCSN&Yのスティーヴン・スティルスとグラハム・ナッシュを双頭に頂いたバンド…

意外な組み合わせのようでいて...

It's Good to be Bad!Happy birthday @davidcoverdale pic.twitter.com/IoYiOqgSeo — Lemmium (@LemmiumMetal) 2017年9月22日 Twitterで見つけた デヴィッド・カヴァデールとレミーのツーショット。 カヴァデール率いるホワイトスネイクとレミー率いるモータ…

お手頃価格なのも嬉しいね♪

ラモーンズ 伝説とも言えるラジオ放送音源を収録した2枚組アルバムが遂にリリース https://t.co/ZLrpsLDsZk— 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2017年9月19日 1970年代後半~80年代前半のジョーイ、ジョニー、ディーディーの3人がフロントに立っていた時代のラ…

今日も他人のツイートに反応してみる

STATUS QUO - TOKYO QUO (1977) VERTIGO RJ 720276年11月の中野サンプラザでのライヴを収録した彼らにとっての初のライヴアルバム。日本でのみ発売されたためレアアイテムとなっている。録音は粗いがかえってそれが音圧を感じさせる好盤☆ pic.twitter.com/Lq…

デビューアルバム40thアニヴァーサリー・エディション

amass.jp モーターヘッド(Motörhead)が1977年にリリースしたデビューアルバム『Motörhead』。発売40周年を記念した40thアニヴァーサリー・エディションが海外で10月27日発売... モーターヘッドファンを自認しながら、実は一度も手にしたことがなかったのが…

ただ思うだけ

音楽では意外とそういうのってないんだけど、それ以外のジャンルでは大人になってから初めて触れて、「これ、十代の頃に出会ってたら受け止め方も違っていたかもしれないな」って思ったものはありますよ。その代表的なものは、寺山修司さんという存在とか、…

そうせずにはいられなかった

約1か月前のことになるけど、この10月の後半に、1960年代後半から現在に至るまで様々な変遷を経ながら活動を続けている英国のブルース・ロック・バンド、サヴォイ・ブラウンのデビュー50周年を記念した、彼らが英デッカに残したアルバムが紙ジャケット仕様で…

ネットショッピング

二か月近く前にここで記事を書いた、モーターヘッドのカヴァー・コンピレーション・アルバム『UNDER COVER』。書いた当時は買う気満々でいたのだが、日々の忙しさの中で不覚にもすっかり忘れてしまっていた。本日、Twitterのタイムラインで『UNDER COVER(輸…

CANのオリジナル・ベーシスト逝く

ドイツの複数メディアによれば、Canの結成メンバーでベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)が死去。79歳でした https://t.co/vSx5ikUpaZ— amass (@amass_jp) 2017年9月6日 ドイツの複数メディアによれば、Canの結成メンバーでベーシストのホル…

読書の秋にこの一冊を

フリー・ザ・コンプリート ブリティッシュ・ブルース・ロックバンド「フリー」の栄光と奈落(仮) 作者: デヴィッド・クレイトン,トッド・K・スミス,葛葉哲哉 出版社/メーカー: DU BOOKS 発売日: 2017/10/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る フリ…

驚きはこちらの方が大きいかも

amass.jp 1967年のデビュー以来、リチャード・トンプソン、サンディ・デニーなど、数多くの才能を輩出。ブリティッシュ・フォークの枠を越えて多大な影響を音楽シーンに与えてきたフェアポート・コンヴェンション。 歴代主要メンバーのインタビュー、アルバ…

こういうことがあるから楽しい

すべてのフリー・ファン、そしてポール・コゾフに捧ぐ1冊 フリー唯一の伝記本の翻訳版が発売決定 https://t.co/BVnwocDWbl— 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2017年8月22日 オリジナル・メンバー4人の生い立ちと、音楽との出会い。そして、4人がどのように出会…

心躍る紙ジャケ再発

www.universal-music.co.jp サヴォイ・ブラウンは、1960年代後期に英国でブルース・ロック・バンドとして生まれ、70年代以降はハードロック・シーンで活躍、現代までメンバー・チェンジを重ねながら活動を継続しているロック・バンド。 彼らが、音楽的変遷を…

レココレ9月号購入

レコード・コレクターズ 9月号 つづき【特集】 キャンド・ヒート■ ヒストリー~ブギ・サウンドとサイケ感覚が融合した妙なる響き■ キャンド・ヒート・ディスコグラフィー — ミュージック・マガジン (@MMRC_magazine) 2017年8月7日 このキャンド・ヒート特集…

気に留めておくことにしましょう

オーストラリアの熱血ハードロックバンド、AIRBOURNE の 1st~3rdの3作品に、未発表曲等14曲を収録した企画盤を加えた4枚組ボックス『Diamond Cuts』9月下旬発売!https://t.co/IwwlvQsW00 pic.twitter.com/JZewuvlFbv— HMV_Metal (@HMV_Metal) 2017年8月8日…

レココレ2017年9月号

8/12 発売、レコード・コレクターズ 9月号のお知らせです。【特集】ドナルド・フェイゲン■ Blue Note ジャズフェスティバル in JAPAN 2017■ 冨田恵一(冨田ラボ)インタヴュー■ フェイゲンによるエッセイ集『ヒップの極意』 ほか pic.twitter.com/n6weFjjI5g…

タイムラインで見かけた古い1枚の写真

@LemmiumMetal @PunkRockClub @ThinLizzy_ #motorheadFantastic pic of Lemmy ,Phil Lynott, Phil "Philthy Animal" Taylor pic.twitter.com/oIEtgkbeOD— Wayne (@nottco) 2017年8月3日 写真向かって左から、レミー(モーターヘッド)、フィル・ライノット(…