読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

They Are Motorhead

Amazonに注文していたモーターヘッド2002年リリースのアルバム『Hammered』が本日我が家に到着した。本日は夜勤に備えての眠りから覚めてから、これを繰り返し聴いて過ごしていた。 ここのところ、ご無沙汰気味だったモーターヘッドの音盤(CD)及び映像作品…

好きの度合いも変わっていく

THE WHOの『WHO'S NEXT』をずいぶん久しぶりに聴いている。聴きながら、ここ数年、THE WHOのCD(ベスト盤的な編集盤が殆ど)や映像作品のリリース情報やTHE WHO関連のドキュメンタリー映画の公開情報などが出るたびに、購入したい旨や観に行きたい旨をこのブ…

でも、購入については未定

amass.jp アンディ・ウォーホルの手によるセクシーなポーズの女性のジャケットデザインが印象的(もちろん中身もね)だったザ・カーズの2ndアルバム『Candy-O』は、高校生のころ、LPレコードで所持していて愛聴盤であった。彼らが生み出す、カラフルでポップ…

時が流れたからこそ...

この曲"Wasted On The Way / 時は流れても"はよく憶えている。1980年代初めに再編し、アルバム『Daylight Again』をリリースしたクロスビー、スティルス&ナッシュ(以下、CS&N)が1982年に放ったヒット曲。 当時私は十代半ばで、洋楽に目覚めたばかりで夜に…

ロックな小ネタ

This is a great festival!Hope to see you there! 'Appy days! pic.twitter.com/BG1yWXHV1G — Mick Box (@Mick_Box) 2017年4月21日 1960年代末期に英国で誕生し、メンバーの変遷と音楽的な変化を経ながら2010年代の現在も現役バンドとして活動を続けている…

私と"Silver Machine"

⇒ ⇒ ⇒ Hawkwind - Silver Machine https://t.co/mj02YFW5uX— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2017年4月26日 1970年代に英国で結成されメンバーの変遷を経ながら、(確か)現在もその活動は続いているらしいサイケデリックロック・バンド、ホークウインドの「S…

それはレミーのこだわりの一つだった

Time to put your boots on people #MotorheadMonday is open for business pic.twitter.com/QXw34JdCx3 — Lemmium Metal (@LemmiumMetal) 2017年4月23日 先日RTされて我がタイムラインに乗っかった、レミーやモーターヘッド関連のアカウントのツイート。こ…

憶えておきましょう

英国トラディショナル・フォーク・シーンの最重要人物、マーティン・カーシーの傑作ソロ・デビュー作がリリース https://t.co/RVy7GIIsqB pic.twitter.com/p17gpVxGi3 — 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2017年4月22日 ポール・サイモンが“拝借”した「スカーバ…

出会ってしまったのか

"Ratos de Porão"と書いて"ハトスデポラオン"と読むんだそうだ。ブラジルの超ベテラン/伝説的ハードコアバンドとのこと。私は本日初めて知った。ハードコアというジャンルになじみは薄く、ブラジルのポピュラー音楽シーンに関心を向けたこともなかったので。…

私のVOIVODの思い出

KREATORの再発に続くスラッシャー注目の再発!VOIVOD の2nd『Rrröööaaarrr』、3rd『Killing Technology』、4th『Dimension Hatröss』が、2CD+DVD DXエディションで5月に再発されます!数日中に予約受付開始します! pic.twitter.com/CrUKS2ZnHF— HMV_Metal (…

4月12日、J・ガイルズ氏の訃報に寄せてのツイート集

J・ガイルズ・バンドのJ・ガイルズが逝去。享年71歳 | NME Japan https://t.co/s2KjrYDcud #JGeilsBand— NME JAPAN (@NMEJAPAN) 2017年4月12日 「堕ちた天使(原題:Centerfold)」などで知られるJ・ガイルズ・バンド(J. Geils Band)の中心人物でギタリス…

4月9日の話

RAINBOW の名盤3rdアルバム『Long Live Rock 'n' Roll』(邦題:バビロンの城門)は、今から39年前の1978年4月9日にリリースされました。https://t.co/DDbRB0gXHh pic.twitter.com/YRW01LcsR8— HMV_Metal (@HMV_Metal) 2017年4月9日 ベスト盤を除けば初めて買…

短いけれど、私とスティーリー・ダン

これは楽しみである♪ →スティーリー・ダンのバイオ本『Steely Dan: Reelin in the Year』が翻訳刊行決定 - amass https://t.co/thAa8xpfVX— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2017年4月11日 ちなみにスティーリー・ダンを聴くようになったのは非常に遅くて10年…

また大切な人がひとり...

natalie.mu 昨日、夜勤に出かける準備中に飛び込んできた加川良さんの訃報。今年の初めごろだったか、Twitterのタイムラインに現在彼は闘病中(入院中)である旨を記したどなたかのツイートがRTされて載ったのはなんとなく憶えているけれど、急性骨髄性白血…

ホントに旺盛な人だったんだな

少し前に出た記事だけど、やはり大好きなミュージシャンに関する"最新の"記事なので、このブログでも取り上げておかないとね。 nme-jp.com 音楽サイト「メタル・トーク」によれば、ドイツ出身のバンド、スキュー・シスキンのジム・ヴォックスが、数年にわた…

私にとってはそういう人

エリック・クラプトン。私は彼の大ファンだった事は正直一度もないのだけど、好きになるミュージシャンの傍らにいたり、彼の軌跡が新たに好きになるミュージシャンの創り出す音楽に影を落としていたりってことが非常に多かった人なので、「縁のない人」だと…

禁断歌集?

natalie.mu 昨日、Amazonより私の手元にもやってきた。 若き日のなぎら氏がはちみつぱい~ムーンライダーズの面々やら洪栄龍ら豪華ゲストと共に奏でた最高に贅沢な春歌集。長年聴きたいと思っていた希望がようやく叶ったよ。祝・初CD化。 1970年代のフォーク…

なかなかに嬉しい廉価シリーズ

ギターレジェンド達の名盤50タイトルを厳選した1000円盤シリーズ「ギター・レジェンド・シリーズ」が4月12日にリリース!全コピに挑戦してみる?!https://t.co/XerrEz0E8V #ギターレジェンド #ギター pic.twitter.com/kpqE3qtV1f — HMV総合インフォメーショ…

私の『ディシジョン・デイ』

リリースのNEWSをネットで知ったのは昨年の初夏辺りだったかな?とにかくその頃から2、3度このブログで取り上げ「楽しみにしている」だの「オマケのDVDが楽しみ」だの「買うなら国内盤」だのと書き連ねていた、昨年8月にリリースされたドイツのベテラン・…

3月12日(日)の夜の出来事

3月12日の日曜日。ハルバン'17のひめキュンフルーツ缶のライヴ(@アリスガーデン)を観終え、特典会に参加した後、まるで私はハルバン’17で賑わう広島市内八丁堀周辺を後にするような心持ちで、広島パルコ本館の最上階へと向かった。そこにあるのは広島クラ…

3月5日(日)ひめキュンフルーツ缶出演【Full Machineguns "Cooperative Spirit" TOUR 2017】@松山サロンキティ参戦感想その他

同じ事務所"マッドマガジン"に所属する、ひめキュンフルーツ缶の妹分的グループである FRUITPOCHETTE(フルーツポシェット。略してフルポシェ)と、ベテランといってもいいであろうヘヴィーメタル・バンド、SEX MACHINEGUNS がコラボした、その名も"Full Mac…

祝・日本盤発売決定

ほんの2日前に書いた記事で願っていたことが叶った記事に、早くも今夜出会えた。ハンブル・パイのオフィシャル・ブートレグ・ボックスセット・シリーズ第1弾日本版発売決定。しかも、価格がこの内容にしては充分過ぎるくらいにお手頃。まったくもって素直に…

ボックスセットに心が踊る

昨夜TLで知って驚愕!ジェリー・シャーリーのインタビューを読みたいから是非、国内盤も出していただきたい → ハンブル・パイのオフィシャル・ブートレグ・ボックスセット第1弾が4月発売、73年の東京公演も - amass https://t.co/e5OxznxvRs— 空中・散歩 (@in…

Mandrake Root 1969

時々無性に観たくなってしまう、ディープ・パープルのライヴ映像。 昨夜観たのはなんだかんだ言っても私の"ロック好き"のルーツのような存在だからね。1970年代に入ってからリリースしたアルバム『イン・ロック』~『ファイアボール』~『マシンヘッド』とい…

もう一度...

十年以上前に紙ジャケット仕様で国内再発された時は買い逃してしまい、以降は聴きたけりゃ90年代の初めにCD化された古いCDを入手するしかなかった、英国トラッド/フォークミュージックの名グループ「スティーライ・スパン」の初期代表作2枚が、"国内盤SHM-CD…

目出度いリリース情報にふと思ったこと

【ひめキュン HP】Discographyを更新しました: 2/15(水)発売「脳天ドロップ~Present For HIMEKYUN~」のアルバムジャケット、収録曲をDiscographyに公開しました! https://t.co/LooRqI1XXI— マックル情報bot (@madcrew_updates) 2017年1月13日 .2/15 にリ…

極力、国内盤を購入する方針

最新作『Healed By Metal』をリリースしたヴェテラン・ジャーマンメタル・バンド GRAVE DIGGER のヴォーカリスト、クリス・ボルテンダールのインタビューページをアップしました!https://t.co/ooCJvO9qtj pic.twitter.com/8gNxX6aQb2— HMV_Metal (@HMV_Meta…

続ける限り作り続けて欲しいのだ

2016年6月以降のインタヴューで、SAXONのビフ・バイフォードはレミーとMOTÖRHEADに捧げる新曲「They Played Rock ‘N’ Roll」を書いていると発言している。17年にリリースされるSAXONの新作アルバムに収録される予定。#極悪レミー pic.twitter.com/UejKxVxZtr…

レミーとビフが好きな理由

SAXONのビフ・バイフォードによれば、90年代のツアーでレミーがSAXONのステージで「747(Strangers In The Night)」と「Princess Of The Night」を歌ったことがあったという。『サクソン/ヘヴィ・メタル・サンダー』12/17より。— 映画『極悪レミー』公式 (@mo…

"この1枚があればいい"とさえ思えてしまう

#あなたがときめく4文字教えてくださいEPLP pic.twitter.com/VmdkarJcRE— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2016年12月14日 RCサクセションが1981年にリリースした、前半(発売当時のA面)にシングル曲を発売年順に、後半(同B面)にカップリング曲を発売年順に…

ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス

www.barks.jp 限定盤として同梱されるボーナス・ディスクに収録された2014年のドイツ<WACKEN OPEN AIR>出演時のライヴ映像と音源には、当時の新曲である「ファントム・アンティクライスト」「シヴィライゼーション・コラプス」「ユナイテッド・イン・ヘイ…

IF

rollingstonejapan.com サクソンは、1979年にモーターヘッドのサポートアクトとしてツアーに同行して以来、これまで6回にわたり共にツアーをこなしてきた盟友。それまで酒は飲まず、楽屋でも紅茶を飲んでいたサクソンのメンバーは、初めてモー…

HEAD CATがやってきた

先日Amazonから私の元に到着したのは、モーターヘッドの故レミー・キルミスター、ストレイ・キャッツのドラマーであるスリム・ジム・ファントム等によるロカビリー・プロジェクト、"HEAD CAT"のこの名義では最初のアルバムとなる『FOOL'S PARADAISE』のデラ…

#あなたの好きなジョージの曲はなんですか

去る11月29日は、ジョージ・ハリスンの命日であった。あの日、Twitterのタイムラインで"#あなたの好きなジョージの曲はなんですか"というハッシュタグを見つけた。熱心なビートルズファンでもジョージファンでもない私だが、好きな曲を訊ねられて即座に思い…

とてつもないHurricane

つい最近You Tubeで出会って以来、何度も繰り返し観ている映像。 もうね、この映像には参ったとしか言いようがない。ヴァイオリンを弾くスカーレット・リヴェラの姿も感動モノだが、なによりボブ・ディランの「歌」が凄すぎる。モニターを越えてぐいぐい心に…

ふと思い出した曲

Little Red Book - Ted Nugent 曲を作ったバート・バカラックが誰なのかも、カヴァーしたロック系の人達としては先駆者だった、米国のフォーク・ロック・バンドのLOVEも英国のロック・バンドのマンフレッド・マンも知らなかった頃、私はこのテッド・ニュージ…

素敵なポップ・ミュージック

The Slitsの" I Heard It Through The Grapevine"。カッコイイな。マーヴィン・ゲイやグラディス・ナイト&ザ・ピップスで御馴染みの「悲しいうわさ」のカヴァー。 パンクだのポスト・パンクだのと括られているロックに対してはあーだこーだ語れるほどの知見…

忘れられない人について3つツイートしてみた

もう数日前のことだけど、Twitterで「#あなたのザッパはどこから」というハッシュタグに反応したっていうか、参加してみた。 各人のフランク・ザッパとの出会いやハマるきっかけとなった音盤など挙げて貰う意図なんだろうけど、なにせフランク・ザッパである…

ずっと、たった2曲のみの縁

デビューアルバム『チューブラー・ベルズ』の収録曲が映画「エクソシスト」に使用されたことで世界的知名度を誇る、英国のプログレッシヴ・ロック系アーティストのマイク・オールドフィールド。個人的には音盤一枚買ったこともなく、現在までほぼ縁がないに…

ファン必見!とはこういう作品を言う

amass.jp この記事にあるサクソンのドキュメンタリー映画『サクソン/ ヘヴィ・メタル・サンダー』のDVDを今年に入って私は入手しました。以後、数度通して視聴していますが、これまでの彼らの軌跡を、メンバー、元メンバー、関係者、ロック・ジャーナリスト…

来年早々オーヴァーキルも新作を!

OVERKILL の新作『The Grinding Wheel』来年2月発売!プロデュースはバンド自身。ミックスはアンディ・スニープが担当し、アートワークはトラヴィス・スミスが続投。収録曲「Our Finest Hour」公開中!https://t.co/8y5jVYOv2J pic.twitter.com/8zsnwPq8fL— …

来年の1月ね!憶えておきましょう

ドイツのヘヴィメタルバンド、グレイヴ・ディガー(GRAVE DIGGER)が新アルバム『Healed By Metal』を日本で2017年1月11日、海外で1月13日に発売。日本盤にはボーナストラック収録 https://t.co/TDfQhqY0sf— amass (@amass_jp) 2016年11月9日 ドイツのヘヴィ…

それはある意味歴史的対面だった

HAPPY BIRTHDAY TO JONI MITCHELL!! pic.twitter.com/wVFfkRdf0a— Robert Trujillo (@RobertTrujillo) 2016年11月8日 米国の偉大なる女性シンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルの誕生日に寄せての、メタリカのベーシストであるロバート・トゥルージロ…

これはビッグニュースですよ!気の長い話かもしれないけど...

#あなたがTwitterを続けている理由第1位:amassがいるから!第2位:amassがいるから!!第3位:amassがいるから!!!https://t.co/wOlKWYrhh4— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2016年11月8日 本日、Twitterで連携しているアプリ・メーカーで上のようなお…

私の好きなパティ・スミス

ロックンロールが好き。いつだって近くにあるものであって欲しい。パティのパフォーマンス、彼女を支えるパティ・スミス・グループの演奏を観聴きするたびに思うこと。 パティの傑作のひとつだと思っとります♪ 狂気を帯びた歌いっぷりが素敵 →Patti Smith - …

"フレデリック"を聴いてしまう日

【命日】フレッド・ソニック・スミス(1949-1994)MC5— つぶ訳@segawax (@segawax) 2016年11月4日 11月4日「ROCK 今日は何の日?」1994年、デトロイトの伝説のガレージバンドMC5のギタリスト、フレッド“ソニック”スミス死去。本気度が高すぎる切迫感、必要…

今夜聴いたデュアン

毎週聞けるわけじゃないけど、木曜日の夜23:00はradikoでInterFM802。音楽評論家/DJの大貫憲章さんとKatchin'さんのコンビがパーソナリティを務めるロック番組「Kenrocks Nite - Ver. 2 」の時間。 番組前半30分は大貫さんが担当する毎回テーマを設けたロッ…

未だ聴かぬ...

うむ。タイトルに偽り微塵もなし!→Best live performance Rory Gallagher https://t.co/6VSjpJn0GT— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2016年11月1日 そういえば、このアイルランド出身のブルース/ロック・ギタリスト&ヴォーカリストであったロリー・ギャラガ…

そそられます

Tedeschi Trucks Band - "Tell Mama" (with Sharon Jones) You Tubeでテデスキ・トラックス・バンドのライヴ映像を観るたびに、私の好きな食材ばかりが放り込まれて煮込まれている鍋から美味しそうな匂いがこちらまで漂ってきているような心持ちになってしまう…

これが私のひとつのパターン

amass.jp ザ・フー(The Who)は如何にして世界を熱狂させるバンドへと成長を遂げたのか。知られざる二人の立役者に迫るドキュメンタリー。バンドを世界的スターに導いた敏腕マネージャーコンビ、キット・ランバートとクリス・スタンプにスポットをあてたド…