空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ポピュラー音楽

5月6日 BILLIE IDLE【BILLIed IDLE ツアー@LIVE SQUARE 2nd LINE】参戦感想ツイート他

5月6日。GWもあと2日を残すのみのこの日、4か月半ぶりの大阪遠征をしてきた。目的はBILLIE IDLEのツアー【BILLIed IDLE ツアー】の大阪公演参戦。ライブ開催場所は、大阪市は福島区のJR大阪環状線・福島駅近くのライヴハウス「LIVE SQUARE 2nd LINE」。 ツア…

BILLIE IDLE『LAUNCHING OUT』『BILLIed IDLE』

4月26日に同時リリースされた、BILLIE IDLEのライヴ・アルバム『LAUNCHING OUT』と現メンバーによる新録のベスト・アルバム『BILLIed IDLE』。私の手元には、Amazonより4月27日に届いた。 近年ではそうはなかった待ちに待ったリリースでしかも期待にたがわぬ…

妙にあっさりしてたりして…

テンテンコ7インチレコードテンテン商店、完売致しました。たくさんの注文ありがとうございました✨⚠️銀行振込の方は振込期限に注意お願いします!(過ぎてしまうと注文キャンセルになります)https://t.co/lWe2wuGb0Y— テンテンコ (@tentenko_ooo) 2017年4月2…

今日か明日か...

おはようございます☀!本日はベスト盤『BILLIed IDLE』とライブ盤『LAUNCHING OUT』のフラゲ日です!そして今週は都内でのインストア週間。お待ちしております♪https://t.co/OmqcbDD62T https://t.co/WVlfWMbhtj— BILLIE IDLE® (@b_idle_official) 2017年4月…

憶えておきましょう

英国トラディショナル・フォーク・シーンの最重要人物、マーティン・カーシーの傑作ソロ・デビュー作がリリース https://t.co/RVy7GIIsqB pic.twitter.com/p17gpVxGi3 — 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2017年4月22日 ポール・サイモンが“拝借”した「スカーバ…

現在のところ私は...

4月22日は世界的にレコード・ストア・デイとのこと。で、それに呼応する形で、日本国内の幾つかのミュージシャン達がアナログレコードやカセットテープで音源をリリースしたようなのだけれど、その中の一人に私の好きなテンテンコさん(元BiSのメンバー)が…

忘れられない1枚の思い出

本日、4月16日は「GAME」が2008年に発売されて9周年‼️Perfumeのアルバム初の1位☆ さらにテクノアーティストとしてはYMO以来24年ぶり❗️ちなみにダブル・プラチナはGAMEのみ邦楽シーンを塗り替えた歴史的1枚日本レコード大賞 優秀アルバム賞作品 #prfm pic.twi…

あれがなければ...

2002年か2003年だったと思う。かのエイベックスが発売元となってアングラ・レコード・クラブ(通称:URC)の名作群を続々とCDで復刻。それに乗じて音楽雑誌「レコード・コレクターズ」が巻頭でURCの大特集を組んだ。それが私とURCとの、そこからかつてレコー…

また大切な人がひとり...

natalie.mu 昨日、夜勤に出かける準備中に飛び込んできた加川良さんの訃報。今年の初めごろだったか、Twitterのタイムラインに現在彼は闘病中(入院中)である旨を記したどなたかのツイートがRTされて載ったのはなんとなく憶えているけれど、急性骨髄性白血…

禁断歌集?

natalie.mu 昨日、Amazonより私の手元にもやってきた。 若き日のなぎら氏がはちみつぱい~ムーンライダーズの面々やら洪栄龍ら豪華ゲストと共に奏でた最高に贅沢な春歌集。長年聴きたいと思っていた希望がようやく叶ったよ。祝・初CD化。 1970年代のフォーク…

これを外しちゃイカンでしょ(笑)

つい先日、珍しくAmazonではなく楽天*1で買い直した浅川マキのCD『MAKI Ⅵ』。1974年の作品。坂田明&森山威男在籍時の山下洋輔トリオ(+ベースの稲葉国光)の演奏をバックにマキさんの歌が聴ける贅沢な盤である。(私にとっては)フリー・ジャズじゃない山下…

これは憶えておかなくちゃ!

merurido.jp 高田渡にとって、五つの赤い風船とのスプリット盤に続く2作目にして、初の単独アルバム!変革の嵐吹きあれる’70年安保を目前にした東京を離れ、京都へ移り住んだ’69年、西岡たかしのディレクションのもとに録音された。前作までの毒の効いたプロ…

3月12日(日)の夜の出来事

3月12日の日曜日。ハルバン'17のひめキュンフルーツ缶のライヴ(@アリスガーデン)を観終え、特典会に参加した後、まるで私はハルバン’17で賑わう広島市内八丁堀周辺を後にするような心持ちで、広島パルコ本館の最上階へと向かった。そこにあるのは広島クラ…

情報解禁

【解禁】アートワーク&収録曲解禁です!https://t.co/TKjQ9lBnCA— BILLIE IDLE® (@b_idle_official) 2017年3月9日 www.billieidle.com 本当にリリースが楽しみな、この春同時リリースされるBILLIE IDLEの二種類のアルバム。アキラ加入後の現ラインナップで…

やはり...だな

やはり、現在の趣味/関心事については、目の前にエンタメ系がとっ散らかり過ぎている。整理しなければならない。一昨日の愛媛県は松山遠征で、久々に本拠地・松山サロンキティでひめキュンフルーツ缶を観て、自分はアイドルはまずこのグループという確信を持…

この2枚だけは手に入れたかったな

先日、最後の頼みの綱として浅川マキさんの入手困難真っ只中の2枚の紙ジャケ再発CD『アメリカの夜』と『Nothing At All To Lose』を取り寄せ注文していた、芽瑠璃堂なるレコード/CDショップより、本日、私の元へメールが届いた。尚、芽瑠璃堂さんに注文する…

心の底ではそうなるよう願ってたのかも

20数年前、このCDで初めてフリー・ジャズに触れた忘れられない1枚である山下洋輔トリオ[山下洋輔(ピアノ)、坂田明(アルトサックス)、小山彰太(ドラムス)]のライヴ盤『モントルー・アフター・グロウ』。 今月の初めにふと聴きたくなってネット通販で探…

禁断の扉?

危うく見逃すところだった、密かに十数年待ち続けていたリリース情報。 つい最近そうなったのだけど、芽瑠璃堂さんのサイトをチェックする習慣がついてて良かった。 なぎらけんいち 1974年に発表した問題作?『春歌』が、遂にまさかの復刻初CD化 https://t.co…

まずは音盤から

【解禁】ベストアルバム&ライブアルバム同時発売!東名阪ツアー&インストアイベント開催決定!!明日よりIDLE FELLAS先行予約開始!!!https://t.co/3ZfVUMaMwY— BILLIE IDLE® (@b_idle_official) 2017年2月9日 ⚠️4/26アルバム2枚同時発売⚠️ベストアルバム→…

あれから2日

ひとつ前の記事にある浅川マキさんの80年代の作品のCD2枚『アメリカの夜』、『Nothing At All To Lose』だが、現在、芽瑠璃堂(めるりどう)なるレコード屋さんのネット通販にて注文中の入荷待ち中。 メーカーの在庫が入手できれば今月23日までにコチラに発…

残念無念。そして手放したことを改めて後悔

CD購入という目的では普段使うことはない楽天ショップだけど、ごくたまに思わぬブツが思わぬ値段で見つかることもあるから侮れない。DMMの通販は今日初めて利用したけど、意外と穴場かも— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2017年2月5日 このツイート、先日浅川…

再びMAKIさんの音楽と...

昨日はAmazonにて買い直した、浅川マキの『UNDERGROUND』を繰り返し聴いていた。 1987年の作品。生前「時代に合わせて呼吸する積もりはない」と独自の美意識を音楽作品に反映させてきた彼女だけれど、決して浮世離れしていたわけではなく、80年代なら80年代…

もう一度...

十年以上前に紙ジャケット仕様で国内再発された時は買い逃してしまい、以降は聴きたけりゃ90年代の初めにCD化された古いCDを入手するしかなかった、英国トラッド/フォークミュージックの名グループ「スティーライ・スパン」の初期代表作2枚が、"国内盤SHM-CD…

テンテンコさんの「次郎」のMV公開さる

次郎MVフルver公開‼️大好きな人形劇団プークと、行松陽介さんのパーティーで出会った可愛いナマケモノちゃんにも出演して頂きましたみんなはもう次郎に会ったかな❓〜「次郎」MVフルverはこちらから〜https://t.co/O9bouIqTYYみてね〜— テンテンコ (@tentenko…

12月10日、初めてテンテンコさんを観る

テンテンコ1stミニアルバム『工業製品』リリースイベントHMV広島本通さん‼️ありがとうございました〜✌️✌️超たくさんお客さん嬉しかったよ〜次は岡山に行くぞー18時〜 HMVイオンモール岡山フリーライブ&サイン会‼️よろしくお願いします‼️ pic.twitter.com/nIX…

リーズン・トゥ・ビリーヴ

The Carpenters "Reason To Believe" 長いこと忘れていたけど、彼らカーペンターズはカヴァーの名手であった。 このティム・ハーディンの曲のカヴァー、聴いたのはもう随分久しぶり。ティム・ハーディンのオリジナルを知ってから聴くのは初めてじゃないかな…

ふと思い出した曲

Little Red Book - Ted Nugent 曲を作ったバート・バカラックが誰なのかも、カヴァーしたロック系の人達としては先駆者だった、米国のフォーク・ロック・バンドのLOVEも英国のロック・バンドのマンフレッド・マンも知らなかった頃、私はこのテッド・ニュージ…

素敵なポップ・ミュージック

The Slitsの" I Heard It Through The Grapevine"。カッコイイな。マーヴィン・ゲイやグラディス・ナイト&ザ・ピップスで御馴染みの「悲しいうわさ」のカヴァー。 パンクだのポスト・パンクだのと括られているロックに対してはあーだこーだ語れるほどの知見…

ずっと、たった2曲のみの縁

デビューアルバム『チューブラー・ベルズ』の収録曲が映画「エクソシスト」に使用されたことで世界的知名度を誇る、英国のプログレッシヴ・ロック系アーティストのマイク・オールドフィールド。個人的には音盤一枚買ったこともなく、現在までほぼ縁がないに…

今でも時々思うこと(笑)

1990年代の前半頃にP-VINEレーベルから続々とリリースされていた【幻の名盤解放同盟】のCDを最後まで追えなかった(途中で追うのを止めた)のは、現在から振り返った自分の音楽ファン人生の中のちょっとした後悔のひとつ。レコード会社単位の「幻の名盤解放…