空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ブラックミュージック

#好きな女性ヴォーカリスト10人

#好きな女性ヴォーカリスト10人アレサ・フランクリングラディス・ナイトマーサ・リーヴスジャニス・ジョプリンエタ・ジェイムズニーナ・シモンジョニ・ミッチェルサンディ・デニーマディ・プライア浅川マキ「ど」が付く程に歌声にハマったことがある人達を並…

#好きな男性ヴォーカリスト10人

#好きな男性ヴォーカリスト10人 ロジャー・ダルトリー ポール・ロジャーススティーヴ・マリオットロッド・スチュワートロジャー・マッギンリヴォン・ヘルムピーター・ウルフ スモーキー・ロビンソンサム・クック 歌手、バンドのVo.に絞ってみた。SSW系はあえて…

#私を構成する9枚

#私を構成する9枚 画像の作り方わからないからPCのペイントで画像並べてみた。 出会った後のリスナー生活が確実にそれ以前より楽しく面白くなったと言える9枚です pic.twitter.com/XLFTDvf6qX— 【空中散歩】 (@in_the_air3stps) 2016, 1月 26 上段 (向かっ…

あれからもう4年...

【命日】エタ・ジェイムズ(1938-2012)つぶ訳→ https://t.co/B7J7PPlTgP— つぶ訳@segawax (@segawax) 2016, 1月 20 エタ・ジェイムズ「TELL MAMA」お前はいい女を見つけたと思っていた。お前を愛してくれる女を。でも、その子はお前を酷く扱うことがわかっ…

12月といえば思い出す...

ここ3、4年、12月になると思い出すのは、2011年暮れの、偉大なるR&B/ソウル歌手であるサム・クックのRCA期8枚組ボックスセット発売~明けて12年2月のトータス松本のサム・クックの代表作のひとつ『Twistin` The Night Away』をジャケットデザインも含めて丸ご…

Ba babalooba ba la bamboo

【誕生日】リトル・リチャード(83歳)— つぶ訳@segawax (@segawax) 2015, 12月 5 リトル・リチャードのEP"Bring It Back Home To Me "のレーベルは、作者であるサム・クックの名前が間違って記載されていたということが確認出来る映像です(笑) → https://…

なかなかに感慨深かったですw

みなさん、たくさんのTweetありがとうです!ここからはKatchin'コーナーで、ノーザンですが、インストを集めて。ジックリ聴いてみてください。M-1Elijah Rockin' With Soul / Hank Jacobs— 大貫憲章 (@KENSHO_ONUKI) 2015, 10月 29 HANK JACOBS - ELIJAH ROC…

ジャズのマイ・ブーム継続中

ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレット。1960年代~70年代初頭にマイルス・デイビスと共演していろんな意味で大きく花開いたこの3人のピアニストの創り出した音楽は、ジャズを掘っててもっとも刺激的なことのひとつ(三つ)に数えられる…

ドーナツ盤っていいなと時々思う

ライヴ音源は聴いた事あったけど、シングル盤が出てたんだ!リトル・リチャードのサム・クックのあの曲のカヴァー。彼の歌に被さるギターがいいね♪ →"Little Richard Bring It Back Home To Me" . https://t.co/QAvE4ORn6l— 【空中/散歩】 (@in_the_air3stps) …

ジャズの100枚

【JAZZ】ジャズの100枚。part3! レーベルの枠を超えて限定発売! 初めてジャズを聴く方も、マニアの方も、この機会にぜひ!好評発売中! pic.twitter.com/VYiQRcyyAg— タワーレコード広島店 (@TOWER_Hiroshima) 2015, 10月 6 www.universal-music.co.jp こ…

早朝にただそれだけの話をひとつ

数年ぶりにジャズを聴くようになって改めて思うのですが、1950年代後半からのマイルス・デイビスとジョン・コルトレーンの作品群は、1枚買い足す度に、大袈裟ではなく人生の楽しみがひとつ増えたような気持ちにさせられます。新しい驚きと興奮がそこには必ず…

とにかくこの1枚!

ジャズを再び聴き始めたとなると、遅かれ早かれ買い戻さなきゃならないのが、とにかくジャケットデザインが大好きなセロニアス・モンクの『アンダーグラウンド』であります。 20数年前の最初のジャズのマイ・ブームの時、CDショップのジャズ・コーナーで何気…

この状態はヤバイけど楽しい♪

ジャズに夢中になるっていうか、マイ・ブームそれに準じた状態に気持ちがなっちゃうと、CDショップに立ち寄るのが極端に楽しくなってしまう。たとえそれが、地元の複合型書店のCD売り場ののショボいJAZZのコーナーであっても。 本日もそうで、仕事帰りにそん…

安価で容易に入手できるのは素敵なこと

豊穣なジャズの世界には美味しそうな木の実がたくさんあるからねえ... 自分の口に合うものを探したり、手当たり次第に食べてみることに夢中になっちゃうと、ロックやポップスのことは忘れちゃいますね。(笑) 数日前の記事に私は、 大人買いは無し。厳選に…

久々に購入記録な記事

珍しく早めに退社し、立ち寄った地元の複合型書店のCD売り場で購入。 チュニジアの夜 アーティスト: アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2014/12/03 メディア: CD この商品を含むブログを…

幸せな時間がまたひとつ戻ってきた

"ジャズ"という豊穣な歴史のある豊潤な音楽は、一度その魅力に浸かってしまうと、結局完全に離れることは出来ないのだろうな。 金銭的問題、時間的問題が発生するのを抑えるために、マイ・ブームにはならぬよう留意はするつもりだけど、とにかく先月の終わり…

いつだって大好きな歌

【命日】ニコラス・アシュフォード(1942-2011)アシュフォード&シンプソン。つぶ訳→ http://t.co/KFKmMMpQii— つぶ訳@segawax (@segawax) 2015, 8月 22 「AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH」もしあなたが私を必要なら、どんなことがあっても駆けつけてあげ…

アレサ2015

お元気そうなだけでなく、73歳の今のアレサの歌を聴かせてくれて、それが素晴らしいのがうれしい♪ →アレサ・フランクリンが米TV番組『The Talk』に出演しパフォーマンスを披露 - amass http://t.co/b8qsHOel0q— 【空中/散歩】 (@in_the_air3stps) 2015, 8月 …

出勤前のひととき

今週の私は夜勤。本日、出勤前のひとときに部屋に流しているのはこれ。 ライヴ・アット・ジ・アポロ アーティスト: ジェームス・ブラウン,Brown,James Brown,Simpkins,Forrest,Lowman Pauling,Pauling 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル 発売…

きっかけは小さな羽根?

ほんの数分、夢でも見ていたかのようにあっという間にいろんなものが通り過ぎて行ったような感覚。でも濃い夢だったw 技巧的過ぎて苦手なところも多々ある人だけど、やはり超人だわ → Chaka Khan "little wing" https://t.co/TNHicj74oH— 【空中/散歩】 (@i…

興味はあるけれど、いくらなんでも箱物は...

アイズレー・ブラザーズの23CD『The RCA Victor and T-Neck Album Masters (1959-1983)』が8月発売 - amassamass.jp このボックス・セットは、1959年にRCAからリリースされたデビュー作『Shout!』に始まり、1969年のT-Neck第一弾アルバム『It's Your Thing』…

これがファースト・タイムと思いたい

圧倒されるとはこのこと。本人も歌い終えた後も興奮冷め止まぬご様子♪曲は勿論サム・クックのカヴァーです → Patti Labelle - A Change Is Gonna Come https://t.co/NDDOroV00M— 【空中/散歩】 (@in_the_air3stps) 2015, 5月 21 Patti LaBelle - A Change is…

不覚というか...

しかし、昨日は昼間と夕方以降の寒暖の差が激しすぎたな。 昼間は仕事中にTシャツが汗でベトベトになるくらいの暑さ、夕方以降はなぜか風が強く、おまけにその風が冷たかった。 どうやら久しぶりに風邪をひいてしまったようだ。鼻はつまり気味だし、咳は出…

It's Alright Ma,

母の日にこれらの映像をYou Tubeで見つけたってのも縁でしょうってことで。Twitterで既に呟いちゃったけど、ここにも貼り付けておきます。 オリジナルとカヴァー2種類の"イッツ・オールライト・マ" 多分、ディランがこの歌をこんな風に歌ってくれる事はもう…

スティルス氏は面白そう。そして...

昨夜は、ふとしたことからYou Tubeにてスティーヴン・スティルス(CS&N、CSN&Yで知られる、幅広い音楽性とマルチな才能を持つミュージシャン)関連の動画を観まくっていました。 CS&N,CSN&Y以外のスティルス氏の活動については、未だなかなか手が回らない状…

現在はこの1枚だけ

「史上最も素晴らしいライヴ・アルバム TOP50」を米ローリングストーン誌が発表 - amasswww.amass.jp 上に貼り付けた記事は先月30日の記事だけれど、私が見つけて読んだのは昨日。で、ランキングを眺めながらいくつかTwitterで呟きました。↓↓↓ "39. Joni Mit…

この横顔が...

久々にCDを引っ張り出してきて聴いています。ダニー・ハサウェイの1971年発表の傑作ライブアルバム『LIVE』。 これを聴いていると、今は無き広島市内の私が通ったいくつかのレコード屋さんやCDショップ、旅行やコンサート参戦のための遠征で訪れた東京、大阪…

とにかく戻ってきたのだ

個人的にBLUESといったらまずこのコレ!という1枚が昨日ようやく手元に戻ってきました。道端に寝そべるホームレスのジャケットが余りに印象的なサニー・ボーイ・ウィリアムスンがチェス傘下のチェッカー・レーベルに残した名作アルバム『ダウン・アンド・ア…

アレサ・ナウ

本日3月25日は素晴らしい歌手でクイーン・オブ・ソウルの称号も未だ色褪せずの、アレサ・フランクリンの73回目のお誕生日です。おめでとうございます。 【誕生日】アレサ・フランクリン(73歳)つぶ訳→ http://t.co/LvK5ztwhKt— つぶ訳@segawax (@segawax) …

遅まきながらお題に沿って

今週のお題「ふつうに良かった映画」 「ブルースブラザーズ」です。 最初に観たのは20数年前のお正月休みだったかな。当時の正月はTVの深夜枠で映画が放送される事が多くて、夜更かしついでに観たんだったと思います。もうハマっちゃいましてね。その後VHSを…