空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ブラックミュージック、ジャズ

さまよえるオランダ船

フライング・ダッチマン1000 マスター・コレクション|ローチケHMV インパルス!レコード全盛期のディレクターとしてジョン・コルトレーンやチャールズ・ミンガス、ソニー・ロリンズなどの名盤を残したアメリカの音楽プロデューサー、ボブ・シールが1969年に…

買い逃したくない1枚の登場

amass.jp この時期のウェスはギタリストとして最も勢いをもって絶好調! ! ピアノにハロルド・メイバーン、ベースにアーサー・ハーパー、ドラムにJimmy Lovelace を迎えたバンドは、ウェスが選んだメンバーで、このツアーの時既に数ヶ月の共演も重ねてきたワ…

ふとそんなことを思った…って話

一昨日の日曜日、久々にタワーレコード広島のジャズのコーナーを覗いてみたのだけど、陳列棚をあれだけ賑わせていたブルーノート作品の1000円再発CDを殆ど見かけなかった。 売れて在庫がなくなったってのも当然あるんだろう。でも、そこは天下のブルーノート…

人呼んで"ハイデホー・マン"

★名ジャズ・シンガー、キャブ・キャロウェイの古い映像です。冒頭に登場するベースのミルト・ヒントンも若いです! CAB CALLOWAY ~ "St. James Infirmary"! ⇒https://t.co/052KUn0hGc — The Walker’s 加瀬正之 (@TheWalkers27) 2017年11月4日 Amazing!!! 映…

観たいしそれ以上に手に入れたい

amass.jp 1972年2月19日深夜、雪のマンハッタン。イースト・ヴィレッジのジャズ・クラブ “スラッグス”。33歳の天才トランぺッターの途はなぜ閉ざされなければならなかったのか?事件を起こした妻ヘレン・モーガンが最晩年に残した唯一のインタヴューに友人や…

かなり久しぶりに手元に戻ってきた1枚

つい先日、珍しく利用したYahoo!ショッピングで見つけて購入したチェット・ベイカーの『チェット・ベイカー・イン・ニューヨーク』。この盤がこうして私の元にあるのは何時以来だろう?20数年前の最初にジャズに夢中になっていた時期に手にし、お気に入りの1…

二人のブルースマンの映像

↑サン・ハウス(1902~1988) 老境に入ってこの迫力。凄いとしか言いようがない。この人は十字路で命以外の何を代償に悪魔と取引をしたのだろうか? ↑ミシシッピー・フレッド・マクダウエル(1906~1972) 息を飲んでそのお姿と指の動きに見入ってしまいました…

大事にしたい一枚

『レスター・リープス・イン』カウント・ベイシー。 1930代~40年代にかけてのカウント・ベイシー楽団の名演の中から、レスター・ヤングのテナーサックスがフィーチャーされたものを集めた好編集盤。ジャケットデザインも粋でよろしい。 レスター・ヤングの…

決定事項

どうやらジャズのブームが私の中で久々に起きたことを認めざるを得ない状況だ。 ここ10日間くらいの間、聴いてるCDの大半はジャズのCDだし、今週末には現在所持していないデューク・エリントン、カウント・ベイシー、ルイ・アームストロング、ディジー・ガレ…

ヤバい状態ではある(笑)

しばらく離れていた格好になっていたジャズを近頃よく聴くようになった...って話を数日前にここに書いたけれど、そうなってくると新たに欲しいCDってやつが出てくる。正確に言えば、「聴きたいCD」を探したくなる。 Amazonにてサイト内検索等しながらジャズ…

誰もが誰かを必要としてる

ウィルソン・ピケットの代表曲のひとつであり、 ローリング・ストーンズのカヴァーや映画『ブルース・ブラザーズ』でのハイライトシーンなどで有名な"Everybody needs someone to love"。 これぞライヴ!な、ウィルソン・ピケットによる歌唱映像。数年ぶりに…

もっと知りたい人の...

セロニアス・モンク生誕100年。書籍『セロニアス・モンク: モダン・ジャズの高僧』が河出書房新社から11月14日発売予定。バップの開拓者にしてそれを超える孤高のジャズピアニスト・作曲家の全貌に迫った一冊 https://t.co/3Rd7Jfp30a — amass (@amass_jp) 2…

今の気分は...

やっぱりジャズとロックをはじめとするポップミュージックの並聴が一番性に合っている。最近AmazonでジャズのCDを注文することが増えている。ジャズはポップミュージック以上に1000円前後の値段での国内盤の安価な再発企画が多いので重宝している。 トミー・…

空リプ再掲

ジョン・コルトレーンの命日だった7月17日にTwitterの我がタイムラインにリツイートされて登場したツイート。 クリフォード・ブラウンが事故死した時、他の若手トランぺッターたちには売り出す大チャンスが訪れた(「ポスト・ブラウニー」という肩書がつけら…

素敵な一枚の写真に...

#OnThisDay, 1930, born #HankMobley - #Jazz pic.twitter.com/w9QLmPYEtt — Sheena IsAPunkRocker (@77MASH) 2017年7月7日 Twitterのタイムラインで見つけた素敵な写真。1950年代から60年代にかけてのハードバップ~ファンキー・ジャズの全盛時に活躍し、リ…

久々に取り出したこの1枚

A GO GO アーティスト: ジョン・スコフィールド,ジョン・メデスキー,ビリー・マーティン,クリス・ウッド 出版社/メーカー: ポリドール 発売日: 1998/03/18 メディア: CD クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る なんの意図があったのかも忘れてし…

これを外しちゃイカンでしょ(笑)

つい先日、珍しくAmazonではなく楽天*1で買い直した浅川マキのCD『MAKI Ⅵ』。1974年の作品。坂田明&森山威男在籍時の山下洋輔トリオ(+ベースの稲葉国光)の演奏をバックにマキさんの歌が聴ける贅沢な盤である。(私にとっては)フリー・ジャズじゃない山下…

ふと思い出す

ブルースとジャズというジャンルとの出会いは、自分の音楽ファン人生の中でも忘れられない重要なものだったと思うけれど、どちらも未知の領域だっただけに、レコード/CDショップへ行きCDを物色し、「これは!」と思うものを見つけて購入するという行為そのも…

なかなかに嬉しい廉価シリーズ

ギターレジェンド達の名盤50タイトルを厳選した1000円盤シリーズ「ギター・レジェンド・シリーズ」が4月12日にリリース!全コピに挑戦してみる?!https://t.co/XerrEz0E8V #ギターレジェンド #ギター pic.twitter.com/kpqE3qtV1f — HMV総合インフォメーショ…

ウェスとケリー

amass.jp 名演『Smokin' At The Half Note』から7ヶ月後、ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー・トリオによる1966年4月14&21日ペントハウス・ライヴ音源が作品化。『Smokin' In Seattle: Live At The Penthouse』のタイトルにて海外で4月22日に発売予…

小ネタっぽい話

Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC542) アーティスト: THUNDERCAT,サンダーキャット 出版社/メーカー: BEAT RECORDS / BRAINFEEDER 発売日: 2017/02/24 メディア: CD この商品を含むブログを見る マイルス・デイヴィスが水面から顔を半…

未だ謎多き人

#OnThisDay, 1912, born #SonnyBoyWilliamsinII... - #Blues pic.twitter.com/9IkmJk4LKz — Sheena IsAPunkRocker (@77MASH) 2016年12月5日 米国の偉大なるブルース・シンガー/ブルース・ハーモニカ奏者である サニー・ボーイ・ウィリアムスンⅡって、どんど…

素敵なポップ・ミュージック

The Slitsの" I Heard It Through The Grapevine"。カッコイイな。マーヴィン・ゲイやグラディス・ナイト&ザ・ピップスで御馴染みの「悲しいうわさ」のカヴァー。 パンクだのポスト・パンクだのと括られているロックに対してはあーだこーだ語れるほどの知見…

これから楽しんでいく人なのだ

ややもすれば持っている事も忘れてしまいがちなO.V.ライトのCDのことを、先日radikoで聴いていたInterFM897の大貫憲章さんのラジオ番組【Kenrocks Nite - Ver. 2】で曲が流れたのをきっかけに思い出し、久しぶりにCDラックから取り出して聴いた。 ウィアー・…

これが"Captain Marvel"のカルテットか...

#ベースの日 ベースにスタンリー・クラーク、ドラムスにトニー・ウィリアムス、エレピがチック・コリアというスーパー・カルテット! →Stan Getz Quartet - Captain Marvel (Live 1972) https://t.co/5ytxw81tsv— 空中・散歩 (@in_the_air3stps) 2016年11月11…

読書の秋...だよな

殆どアメリカとイギリスの話になっちゃうけど、海外の偉大な足跡を残したロック・ミュージシャンやR&B/ソウルのアーティストの自伝なり伝記なり評伝なりが(海外で)出版されたってNEWSを見るたびに思う。かつてキャプテン・ビーフハートのバンドのギタリス…

素晴らしきダンス天国

ウィルソン・ピケットのコンサートのひとコマを捉えた映像として最高じゃなかろうか!正にここは"ダンス天国" →Wilson Pickett - Land of a Thousand Dances (HQ) https://t.co/4g6HBQ4MH5— 【空中・散歩】 (@in_the_air3stps) October 13, 2016 少々忙しすぎ…

BLUESが久々に私の元に...

本日我が家に、Amazonのマーケットプレイスで安価で購入できた、2枚のブルースのCDが届いた。エルモア・ジェイムズの『SHAKE YOUR MONEY MAKER:THE BEST OF THE FIRE SESSIONS』とジミー・リードの『BLUES MASTERS: THE VERY BEST OF JIMMY REED』。 この夏…

9月28日は…

【命日】マイルス・デイヴィス(1926-1991)— つぶ訳@segawax (@segawax) 2016年9月28日 昨日は帝王マイルス・デイヴィスの命日だったようで。 こうしてTwitterのタイムラインでマイルスの命日だの誕生日だのを知るたびに、自分がジャズを意識するようにな…

果たして手にする日はくるのか?

Twitterの我がタイムラインにて、ボビ・ハンフリーというジャズ/フュージョン系の女性フルート奏者が来日中というNEWSを観た。現在特に関心のあるアーティストではないどころか、私にとってはそもそもよく知らないミュージシャンと言ってしまっていい人であ…